ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウィスット・ポンニミット展覧会 「ほっとすぽっと 」展開催

wisut

 

「タムくん」の愛称で親しまれ、マンガをはじめアニメーション・音楽の世界でも国内外で高い評価を受けているウィスット・ポンニミットの展覧会を、ギャラリー キドプレスにて開催。人気の高いカラフルな版画作品に加え、小さなドローイングやスケッチを交えた遊び心あふれるインスタレーションを発表する。

「キドさんとことは 長い友達、お世話になった人、尊敬する人でもある。
10何年ほどつきあってくれて、キドさんとこはぼくにとってとてもほっとするとこです」

Wisut Ponnimit

■開催概要

展覧会名: ウィスット・ポンニミット「ほっとすぽっと」展
会期: 2016年5月27日(金)~7月3日(日)
会場: ギャラリー キドプレス
〒101-0021
東京都千代田区外神田6-11-14 3331Arts Chiyoda 204号
TEL 03-6427-4041
開館時間: 12:00-19:00(月・火・祝祭日休み)
*会期中は水・木・金・土・日オープン
入場料: 無料

■関連イベント

展覧会初日に以下のイベントを予定しています。

5月27日(金)
◇ 午後 ライブ・ドローイングイベント
◇ 18:00~20:00 作家を囲んでのオープニング・パーティー

イベントの詳細については、ギャラリー キドプレスのホームページ上で随時ご案内いたします。ご不明点はお問い合わせ下さい。

Website http://www.kidopress.com
E-mail [email protected]

wisut2

ウィスット・ポンニミット

1976年、タイ・バンコク生まれ。愛称はタム。1998年バンコクでマンガ家としてデビュー。
2003年から2006年神戸在住の後、現在バンコクを拠点に作品制作中。「マムアン」シリーズ、『ブランコ』(小学館)、『ヒーシーイット』 (ナナロク社)などマンガ作品多数。2005年横浜トリエンナーレ参加。2009年『ヒーシーイットアクア』が文化庁メディア芸術祭マンガ部門奨励賞受賞。2015年バンコクで個展「MELO HOUSE」を開催。アニメーションや音楽制作も行い、音楽作品に原田郁子との共作「Baan」(2013年)がある。

 

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。