ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

銀座の街中でパラリンピック? トップ選手が競技実演

J-WAVE日曜朝の番組「WONDER VISION」(ナビゲーター:平井理央)のワンコーナー「ENASAVE SOCIAL EVENT & MOVIE TIPS」。4月17日のオンエアでは、「NO LIMITS SPECIAL GINZA & TOKYO」に注目しました。

5月2日に銀座中央通りで開催される同イベントは、9月の「リオデジャネイロ・パラリンピック」、2020年の「東京パラリンピック」に向けて、パラリンピック競技の魅力を紹介する体験型プログラムです。

当日のメインプログラムは、「車椅子テニス」と「ウィルチェアーラグビー」のデモンストレーション。車椅子テニスは、世界のトップ・プレーヤーである国枝慎吾選手と上地結衣選手による生ラリーが披露されます。ウィルチェアーラグビーは、「2016 リオ・パラリンピック」アジア・オセアニア地区予選で優勝した日本代表が登場し、車椅子同士が本気でぶつかり合う姿を実演。そのほか、車椅子バスケ、ボッチャ、ブラインドサッカーなどを体験できるコーナーも。

東京都オリンピック・パラリンピック準備局の佐々木慎吾さんは、同イベント開催についての想いをこう語ります。

「いろんなパラリンピアンの方々と話していく中で、パラリンピックというのは単なるスポーツ大会ではなくてですね、世の中を変えていく力があるんだという風な話も聞いています。都としてはパラリンピック大会を成功させて、ハード面のバリアフリーを解消していくだけでなくて、多くの方々にパラリンピックの魅力を伝えて、『心のレガシー』という言い方をしていますけども、2020年の先に、障がいのある人もない人も共に尊重しあうような共生社会を実現できるようなことになればいいかなと」

そのためには、「今からパラリンピックの素晴らしさを多くの方に知っていただき、体験してもらったり、リオ(のパラリンピック)も多くの方に見ていただいて、2020年に向かっていきたいと思っています」とも。

当日は銀座の中央通りを一時的に通行止めにして、実際にパラリンピックのトップ選手による実演が見られるわけですが、ナビゲーターの平井も「先日、ウィルチェアーラグビーがぶつかり合うタックルの瞬間を生で見させていただいて、音と迫力に思わず声が出てしまうくらい、ものすごい迫力だったので、ぜひ生で見ていただきたいと強く思います」と来場を呼びかけました。

同イベントは13時からスタート予定。体験も観覧も無料となっていますよ。

【関連サイト】
「WONDER VISION」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。