ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元力士が作る最強つけ麺!『背脂つけ麺』の盛りが半端ない件 @『最強ラーメンFes,』

seaburatuke020_R

今現在、東京都ヤンチャ区の町田市シバヒロで絶賛開催中の『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』ですが、毎週10店舗が入れ替わり4週間に渡って続くと言う大規模なイベントの模様。

というわけで、逆ライザップ中の筆者が今回食べて来たのは、つけ麺で一部のマニアと力士に有名な『らー麺土俵 鶴嶺峰ZAN ~山~』(以下、らー麺土俵 鶴嶺峰)が提供する『背脂つけ麺』です。

元力士が営む『ラーメン土俵 鶴嶺峰』

DSCF9366_R

何気に筆者も記事を書いた事のある『ラーメン土俵 鶴嶺峰』ですので、店の詳細は省きますが、その名の通り相撲的なラーメン屋さんで御座います。

しかし!

そのDNAには東池袋の『東池袋大勝軒』が受け継がれていて、つけ麺に関しては一切の妥協がありません。

そんな名店が町田市ごときで食べられるチャンス……逃すわけには参りません!

seaburatuke019_R

ちなみに金曜日の夜ですが、かなりの人がラーメンを食べに訪れていました。写真だと人もまばらですが、会場が広いので実際には300人以上いますね。

ジワジワと町田市民に『最強ラーメンFes,』が浸透したという事でしょうか?

『背脂つけ麺』を食す!

seaburatuke021_R

そして!

この『最強ラーメンFes,』には看板メニューの『背脂つけ麺』で勝負に来ました。

まず、迂闊にもご年配の方達や、ダイエットに夢中な女性がチョイスすると困った事態になると思うので、あえて言おう!

seaburatuke023_R

「背脂、マジ半端ねぇ!!」

つけ麺としての味の傾向は『大勝軒』の流れがあります。ちょっと甘酸っぱいスープは確かに面影を感じます。

しかし!

この『背脂つけ麺』には大量の背脂が加えられていて、かなりガッツリ系なスープに仕上がっているのです。

とりあえず厨房の大きな寸胴で煮込まれている大量の“背脂”は、見ただけで3キロは太りそうな予感ですが、逆に背脂の美味しさを知るジロリアンには堪らない一品かと存じます。

seaburatuke025_R

あと今更な話ですが、この『背脂つけ麺』の盛りっぷりはガチですね。

無論、器が統一されているので限界はありますが、実店舗のような迫力ある盛り付けは、恐らく『最強ラーメンFes,』でも最強かと思われます。

seaburatuke024_R

個人的な考えですが、この盛りっぷりで“つけ麺界の大御所”が揃っていた第一陣に入っていたら、かなり面白い展開になったんじゃないかなと予想されます。

seaburatuke027_R

実店舗と同じでモヤシと“天カス”のトッピングも素敵で御座います。この一杯を見れば『ラーメン土俵 鶴嶺峰』の本気が伝わりますね。

seaburatuke022_R

微塵切りのニンニクには味付けがされていて、オリジナリティーを感じます。

seaburatuke016_R

さらに元力士と言う事で“ちゃんこ鍋”の要素である“鶏団子”も入っていました。一切の手抜き無しと言うのを肉眼で確認した筆者で御座います。

seaburatuke000_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。