ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東芝、Android 3.2搭載7インチ型タブレット「REGZA Tablet AT3S0」を10月下旬より国内発売

東芝は10月3日、7インチ型Honeycombタブレット「REGZA Tablet AT3S0 35D/PA3S035DNAS」を国内発売すると発表しました。AT3S0は、東芝が先週米国向けに発表した7インチThriveタブレットの国内版です。発売時期は今年10月下旬で、価格はオープン。REGZA Tablet AT3S0は、Android 3.2(Honeycomb)、7インチWXGA(1,280×800ピクセル)サイズのLED液晶ディスプレイ、NVIDIA Tegra 2 1GHz(デュアルコア)、1GBのRAMを搭載した端末で、国内版は32GBモデルがラインアップされます。3G機能には非対応。REGZA Tablet AT3S0にも、低解像度の映像を高精細にする「レゾリューションプラス」や、輝度を周辺環境に合わせて自動調節する「アダプティブディスプレイ」といった東芝のディスプレイ技術、より原音に近い音質を表現する「Audio Enhancer」や、周りがうるさい状況でも音を聞き取りやすくする「Noise Equalizer」といった東芝の音響技術が採用されています。また、REGZA Tablet AT3S0に「レグザAppコネクト」の「RZライブ」をインストールすることで、「レグザリンク・シェア」対応の「レグザブルーレイ」で受信中のテレビ番組を、「RZプレイヤー」をインストールすることで、「レグザリンク・シェア」対応の「レグザブルーレイ」の録画番組を無線LAN経由で視聴することができます。その他、東芝のレグザタブレット活用応援サイト「東芝プレイス」のアプリもプリインストールされています。カメラは背面に500万画素CMOS(AF、フラッシュ付)、前面に200万万画素CMOSを搭載。外部端子として3.5mmジャック、ミニUSB端子、マイクロHDMI出力端子、マイクロSDカードスロットなどを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRに対応。連続動画再生時間は最大6時間。本体のサイズは128.0mm×189.0mm×12.1mm、質量は約379g。Source : 東芝


(juggly.cn)記事関連リンク
東芝、世界最薄7.7mmのAndroid 3.2搭載10.1インチ型タブレット「REGZA Tablet AT700」を12月中旬より国内発売
ネイバージャパン、チャットアプリ「LINE」に日英/日中/日韓の通訳機能、放射線情報機能を追加
Motorolaの新型タブレット、「MZ609」は”Fleming”、「MZ617」は”Pasteur”

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。