ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 誰もが「あれは自分の犬だ!」と愛する『フランケンウィニー』“スパーキー”の魅力
  • 怪盗キッドと初出演の京極真が激突!劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』特報映像解禁[オタ女]
  • 【つ・な・げ・ま・し・た】シリーズ全作を収録した『ムカデ人間 完全連結ブルーレイBOX』発売 豪華特典もあるよ![ホラー通信]
  • 誰も語らなかった映画の細部をゆるトーク! 作家・長嶋有によるイベント「映画ホニャララ」
  • 【無理】クモ嫌いの記者が“クモ攻め”映画『ラプチャー 破裂』にトライ! クモだけじゃない“嫌いなもの拷問”映像あり
  • 『ファインディング・ドリー』海洋生物監修さかなクンインタビュー「お魚は私たちの大先輩」
  • 映画『ベルセルク』新キャストに中村悠一、竹達彩奈、大塚明夫! 物語は壮大なクライマックスへ
  • ヘタレイケメン男子の恋に強力なライバルが! 映画『覚悟はいいかそこの女子。』美術教師役・小池徹平は“頭ポンポン”に悩む!?
  • iPadを使用して映画本編と特典映像を“同時に”楽しむ「ディズニー・セカンド・スクリーン」
  • 【動画】映画『スパイダーマン:ホームカミング』、ピーター・パーカーがアイアンマンとチームを組むトレーラーが公開
  • ウォルト・ディズニー・ファミリー博物館の楽しみ方「彼のキャリアや人生、意見や感情を持ち帰ってもらいたい」
  • 今だから見てほしい心の傷を癒す感動作! 15年後の被災地を描いた映画『その街のこども』
  • まさにヴァルハラ! 世界最大のIMAXシアターで『マッドマックス 怒りのデス・ロード』がリバイバルされるぞ!
  • “霊幻道士”がダーク・ホラーに! 『キョンシー』制作・清水崇「自分が死んだことを想像して悲しく恐くなる映画」[ホラー通信]
  • 【今週の“誰得”映画】『恋する弁当男子 TWILIGHT FILE VIII』
  • 大ヒット中!『インクレディブル・ファミリー』プロデューサーに聞く「ヒーローごとのテーマソングは“日曜朝にやっているヒドイ番組”をイメージしたんだよ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中学英語教科書『NEW HORIZON』の挿絵 エレン先生が可愛すぎると話題に

NEWHORIZON

4月5日、とある『Twitter』ユーザーが


はぁ?新しく中学校に入学した弟が持って帰ってきた英語の教科書。
登場人物可愛すぎない???特にエレン・ベーカー先生。惚れた。

とツイート。東京書籍の中学英語教科書『NEW HORIZON』の画像を数点アップした。

お堅いイメージのある“教科書”と、萌え系の可愛い挿絵とのギャップはたちまち話題となり拡散される。4月7日の時点でリツイート数は5万5千を超え、「いいね!」も5万件近く集めていた。


また、他のユーザーからは以前の『NEW HORIZON』の画像も寄せられていたが、そちらは、萌えとは無縁のいたってシンプルなイラストとなっていた次第である。

挿絵を担当した“電柱棒”さんは、2011年に同じく東京書籍より発売された『ミライ系NEW HORIZONでもう一度英語をやってみる』という参考書の挿絵を担当しており、今回話題になったことでそちらの『Amazon』ランキングが急上昇していたりするようである。

教材の可愛い挿絵がネットで騒がれるという今回の件、なんとなく以前あった“ゼミママ”騒動を思い出した方も多いのではなかろうか。

参考:「進研ゼミのお母さんが可愛い」と『Twitter』などで評判に 作者もブログでコメント
https://getnews.jp/archives/507300[リンク]

※画像は『Twitter』より引用

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。