ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

史上最強の激辛ラーメンを食べてみた結果…… @『蒙古タンメン中本』町田

makotosp019_R

ラーメンで盛り上がっている東京都町田市ですが、その中でも安定した人気がある『蒙古タンメン中本』で御座います。

『蒙古タンメン中本』と言えば”激辛ラーメン”の代名詞ですが、辛さの中にある旨さを見出した瞬間から新しい人生が始まると言われるほどに、熱狂的なマニアを抱えている店でもあります。

makotosp000_R

筆者も町田店で『北極ラーメン』を食べて開眼してからは、何気に限定メニューをチェックしています。

『誠スペシャル』を食す!!!

makotosp003_R

すでに『冷やし味噌ラーメン』のデフォルトは完食しているので、さして問題はなさそうなモノですが、その考えは甘いと言わざるを得ません。

makotosp004_R

「北極ラーメンの辛さ3~4倍相当」

という、トンデモない世界に筆者もブルっています……。

そんな筆者の心情をよそに、サクっと期間限定の『誠スペシャル』(850円)が整いました。

makotosp020_R

「これはアカン奴やね……」

色も赤というよりは黒に近い赤、ほぼほぼ血の色と言っても過言ではありません。

makotosp024_R

しかもドロっドロにド・ロドロシテルで御座います。

中本マニアの為の『誠スペシャル』

makotosp023_R

しかも!

この『誠スペシャル』には辛さを和らげる“野菜”が一切入っていません!

makotosp021_R

純粋に辛さを楽しんで欲しいという粋な計らいなのでしょうが、色々な意味で心配で御座います。コイツを軽い気持ちでチャレンジするような輩は、マッハで墓場、もといトイレ送りにされる案件ではないでしょうか?

麺のボリュームは150%!!『誠スペシャル』

makotosp022_R

野菜がないものの、替わりに麺は『北極ラーメン』の5割増しになっております。

まあ、ボリューム的に食べきれるかどうかって話ではなく、問題は辛さをエンジョイする時間も5割増しになるという罠に注目すべきでしょうか?

辛さの向こう側へ……

makotosp005_R

「ティッシュ、ヨシ! 給水缶、ヨシ!! 状況開始!!!」

ティッシュの残弾と水ポットの状況を指差呼称で確認し、安全を確保してから戦闘に入ります。

makotosp004_R

まあ、写真を見たら一発なので言わなくても分かっていると思われますが、あえて言おう!

「めちゃめちゃ辛い!!!」

そのままかって突っ込みも当然ですが、辛い以外の表現があるだろうか?

makotosp025_R

最初の一口目は辛さを感じるのですが、二口目には更なる辛さが押し寄せ、三口目は全身から色々な汁を噴出しながら、辛さに悶絶するドM仕様で御座います。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy