ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これぞ自転車操業!? 客が自転車をこいで作る米LAのエコ・アイスクリームショップ

f:id:Meshi2_Writer:20151127070947j:plain

自転車操業という言葉をご存知でしょうか? 操業をやめてしまえば倒産するしかない会社が、それを防ぐために借金を次々に転化させて操業を続けていく……。つまりは、自転車は回転しているあいだは倒れないが、その回転を止めてしまえば倒れてしまうという意味です。

米ロサンゼルスには、お客さん自らが自転車をこいでアイスクリームを作るユニークなお店があるんです。本来の意味とは違う「健全な自転車操業」というべきこのお店、いったいどんなところなんでしょうか。

LAのサイクリストたちが集まるアイスクリームショップ

f:id:Meshi2_Writer:20151127063705j:plain

米ロサンゼルス市内。その名も「PEDDLER’S CREAMERY(ペダラーズ・クリーマリー)」は、ダウンタウンの一角に店舗を構えています。外からながめると、よく街にある普通のアイスクリームショップとなんら変わりません。

f:id:Meshi2_Writer:20151127064112j:plain

お店の中に入ると、こちらも何も変わったところのない、アメリカらしいオシャレな雰囲気です。が、店内をよく見渡してみると……。

f:id:Meshi2_Writer:20151127064558j:plain

お店の隅に、何やら無造作に置かれた自転車が1台。その上にはたくさんの車輪が飾られ、一見自転車のモニュメントのようにも見えます。

f:id:Meshi2_Writer:20151127064859j:plain

その横にある案内板に注目。

Want to make ice cream? Ask us how to become a peddeler. (And earn sweet rewards!)

日本語に直訳すると「アイスクリームを作りたい?私たちにペダラーになる方法を聞いて下さい。(甘い報酬を稼げますよ!)」とのこと。

いったいどういうことなのでしょうか?

f:id:Meshi2_Writer:20151127065856j:plain

案内板に書かれてある通り、お店の方にペダラーとやらになる方法を聞いてみました。

私「アイ・ウォント・トゥー・ビカム・ア・ペダラー。クージュー・テルミー・ハウツー・ビカム?」(直訳:私はペダラーになりたい。ペダラーになる方法を教えて頂けますか?)

お姉さん「Yes, of course! You have to peddle the bicycle to become a peddler. Then you can make ice cream.」(直訳:はい、もちろん!ペダラーになるためには、あなたはその自転車をこがなければなりません。そうすれば、あなたはアイスクリームを作ることができますよ)

こんな会話があったような、なかったような……。

“甘い報酬”を得るため、実際に自転車をこいでみた

f:id:Meshi2_Writer:20151127070947j:plain

ものは試しと、とにかく言われた通りに自転車をこいでみることに。

f:id:Meshi2_Writer:20151127070959j:plain

これで自分もペダラーとやらになれるのかと、こぎ始めてみたのですが……。

f:id:Meshi2_Writer:20151127071006j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy