ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 真っ赤な学ランでふてぶてしい態度! 現代の殿様『偉大なる、しゅららぼん』淡十郎の強烈キャラに注目
  • 米ディズニーによる実写版映画『美女と野獣』、コグスワースとルミエールのファーストルックが公開
  • 『心が叫びたがってるんだ。』主演・水瀬いのりインタビュー「自分の気持ちはちゃんと伝えなきゃ」
  • 【独占記事】映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』とテレビシリーズ『怪奇ゾーン グラビティフォールズ』の脚本家が『ポケモン』の映画を担当
  • 『アラジン』のジーニー等を生んだキャラデザの神! エリック・ゴールドバーグ
  • 暴飲暴食のリセットに! 映画『マイ・ファニー・レディ』をイメージしたコールドプレスジュースが登場
  • 『ジョジョの奇妙な冒険』がついに実写映画化! ネット上ではスペインロケに鋭いツッコミも
  • シュワちゃん公認声優・玄田哲章に聞く『サボタージュ』の見所「等身大のおじさんな所が良い」
  • “血管男子”好き必見! 『東京喰種 トーキョーグール』窪田正孝の美血管が露わに
  • 全米最大のコミックイベント『Comic-con(コミコン)』が開催!!
  • 映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』続編のキャストと監督、7月のコミコンに参加
  • 新たなキャラクター・新たな敵も登場『ボス・ベイビー』のNetflixオリジナルシリーズが配信中!
  • もっと過剰に感動させてください! 映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』
  • “猫神”岩合光昭さん初監督作品『ねことじいちゃん』現場で猫にモテモテだったヒロイン・柴咲コウ
  • 『屋敷女』監督コンビが手掛ける『悪魔のいけにえ』前日譚! 映画『レザーフェイス(原題)』日本公開決定[ホラー通信]
  • イーストウッド監督の息子・カイルさんに「イーストウッド作品で何が一番好き?」と聞いてみた

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドコモがネットワーク戦略の説明会を開催 3.5GHz帯を使った下り370Mbpsの高速通信と災害時向け信頼性強化の取り組みを紹介

ドコモがネットワーク戦略の説明会を開催 3.5GHz帯を使った下り370Mbpsの高速通信と災害時向け信頼性強化の取り組みを紹介

NTTドコモは3月2日、プレス向けに同社のネットワーク戦略に関する説明会を開催。高速通信サービス『PREMIUM 4G』の進化、災害時に向けたネットワーク信頼性の強化について解説しました。

docomo160302_2

複数の周波数帯の電波を束ねる“キャリアアグリゲーション”と、電波の組み合わせを最適化する“高度化C-RAN”により高速通信を実現している『PREMIUM 4G』。2015年3月の開始以降、束ねる周波数を2種類から3種類へ、電波の組み合わせを2通りから6通りへそれぞれ増やすことにより、2015年10月には下り300Mbpsのサービスを提供しています。

docomo160302_3

6月には一部地域で、これまで部分的に3Gでも運用していた800MHz帯をすべてLTEで運用することにより、下り最大112.5Mbpsの800MHz帯、下り最大112.5Mbpsの2GHz帯、下り最大150Mbpsの1.7GHz帯の3種類の電波を組み合わせて下り最大375Mbpsという高速通信を実現。

docomo160302_4

さらに6月には新たに3.5GHz帯の運用を開始。下り最大110Mbpsの3.5GHz帯2波と下り最大150Mbpsの1.7GHz帯を組み合わせて下り最大370Mbpsの高速通信を実現します。

docomo160302_5

3.5GHz帯のLTEは、TDD方式(時分割複信)を採用。上りと下り別々の通信をそれぞれの周波数で用意する必要がある従来のFDD方式(周波数分割複信)に対して、TDD方式では1つの周波数で上りの通信と下りの通信が利用可能になります。

docomo160302_6

これら300Mbps超の高速通信は、通信が混雑する都心部で重点的に展開。通信速度の上限を上げることより、混雑する場所でより快適に利用できることを重視しています。

docomo160302_7

災害時に向けたネットワーク信頼性の強化については、「通信サービスの確保」「通信エリアの確保」「電源の確保」の観点でそれぞれの取り組みを解説。

通信サービスでは回線の復旧状況を表示する『復旧エリアマップ』、音声通話の規制時にパケット通信で音声メッセージを伝達する『災害用音声お届けサービス』、緊急速報や災害・避難情報を伝えるエリアメールの拡充といった取り組みのほか、通信の混雑時や設備の故障に備えたネットワークの仮想化により信頼性を向上。

災害時に人口密集地の通信を確保する目的で設置している“大ゾーン基地局”は、従来の3Gのみの運用からLTEも併用することで通信容量を3倍に拡大するとのこと。災害時にアンテナ角度を変更してエリアをカバーする“中ゾーン基地局”も増強。2018年3月末に全国で1200局以上の設置を目標としています。

電源の確保に向けては、災害時に非常用発電機への石油の供給を円滑にする目的で、NTTグループと石油連盟が協力体制を築く覚書を交わしたことが発表されました。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。