ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女性が5年後も輝くための、キャリア&ライフの描き方~Woman’s Career Partyより~

女性がイキイキ活躍できる環境や働き方を考えるキャリアイベント「Woman’s Career Party」が2月17日(水)夜、開催された。定員80名に対して300名超からの応募があり、「活躍する女性のキャリア観」に対する注目度の高さが感じられたこのイベント、アクセンチュア、GE、リクルートキャリアの3社で活躍する女性社員6名が登壇し、それぞれのキャリアの歩み方、プライベートなどを語った。

f:id:itorikoitoriko:20160226185317j:plain

「出産・育児をきっかけに、キャリアの幅が広がった」

第一部のテーマは、「3人の活躍女性が語る、私のキャリア&ライフ」。3社で活躍する30代女性が1人ずつ登壇し、自身が歩んできたキャリアと、プライベートとのバランスについて語った。

1人目は、アクセンチュアに勤める植野さん。2001年に自動車メーカーに新卒入社し、人事部で海外人事支援や研修開発に携わっていたが、夫のNY赴任を機に退職。そして帰国後の2006年、アクセンチュアに中途入社した。現在は、シニア・マネジャーとして活躍中。6歳と3歳になる男の子の母親でもある。

f:id:itorikoitoriko:20160226185314j:plain

▲アクセンチュア・植野さん

「夫の海外赴任をきっかけに、それまでのキャリアを一旦切り上げることになりました。この経験から、女性のキャリアはライフイベントの影響を受けやすいと実感。次もいつ辞めることになるかわからないので、短期間でも最高のスキルを身につけられる可能性があり、かつ転職市場においても自分の価値を高められる環境がいいと考え、コンサルティング会社を志望したんです」

入社後は、アナリストとして通信業界のコンサルティングに従事。その頃、マレーシアでの海外トレーニングに参加した。

「前職もグローバルカンパニーと言われていましたが、本当のグローバルカンパニーとはこういうことか!と実感しました。世界のオフィスから社員が集まり、グループにわかれて擬似プロジェクトを行うトレーニングでしたが、さまざまな国の社員と協働し、意見を交換しながらプロジェクトを進めるという経験は非常に刺激的でしたね」

その後、コンサルタントとして活躍するさなかに第一子の妊娠が発覚。今の仕事を続けられるだろうか…と悩む中で、思いがけずマネージャーに昇格する。そして、マネージャーとして1つのプロジェクトを手掛けた後に産休入り。

「1人目の時は1年半、2人目は11カ月ほど、しっかり休みました。2人合わせて2年半ぐらい、子育てに専念する時間をいただいています。2人目の育児休暇からの復帰後は、さすがに両立は無理か…と思うこともありました。しかし、尊敬する先輩からの『僕は植野さんに仕事を続けてほしいし活躍してほしい』との言葉に支えられ、何とか続けてこられました」

時短勤務中はクライアント先への常駐は叶わず、その代わりに「コーポレート・シチズンシップ活動」という、コンサルタントのスキルを活かして社会貢献をするCSR活動に従事。「出産・育児をきっかけに、キャリアの幅が広がった」という。

その後、スライドで植野さんの「1週間のスケジュール」が映し出された。仕事に、子育てに…と寸分のスキもないスケジュール表に、会場が少しざわつく。

「早起きして、子どもが起きる前に資料作成やメールチェックなどの作業を済ませます。7時に子どもが起きたら準備をさせて送り出し、自分も出社。その後はほとんど部下とのミーティングで終わってしまいますね。18時半までには子どものお迎えに行かねばならないので、自分の作業に充てられる時間は朝と隙間時間のみといったところ。でも、週に2回はお迎えをお願いして、夜を自分の時間に充てています。残業をしたりクライアントの会食に行ったり、英語の勉強に使ったりしていますね」

「悩みながらも自ら行動することでキャリアを切り開いてきた」

2人目の登壇者は、GE ヘルスケア・ジャパンの鈴木さん。医用画像診断装置の開発・製造・販売等を手掛けている同社で、鈴木さんはエンジニアとして活躍している。現在は、MRI製品の基板の一部の設計や、日本で開発したMRI「SIGNA pioneer」の品質チームリードなどを担当。

f:id:itorikoitoriko:20160226185315j:plain

▲GE ヘルスケア・ジャパンの鈴木さん

「日本に進出している外資系医療機器メーカーはたくさんありますが、国内で開発も製造も行っているのはGEだけ。『我々は、患者さんのために最善を尽くすことに誇りを持つ』という企業理念を持っていますが、日々の仕事の中でもよくこの言葉が使われており、社員のやりがいにつながっていると感じます。また、使い古された言葉かもしれませんが、風通しの良さはすごく感じますね。どのポジションの人に対しても自由に意見が言いやすいし、認められやすい。会社も、社員の意見を取り入れていこうという方針なので、とても働きやすいです」

今はやりがいを持って働いている鈴木さんだが、入社当初はキャリアに悩むこともあったという。

「大学院で医療機器の勉強をしていたので、GEへの入社は念願でした。しかし、入社した年に内部監査が入り、その対応に1年間追われてしまった。2年目に入って、ようやく技術系の仕事ができるかなと思っていたら、所属するグループのマネジメント部門に吸収されてしまい…自分が今後、どんなキャリアを歩めばいいのか、完全に見失ってしまったんです。どうやって現状打破したかというと…上司に素直に『もっと技術よりの仕事がしたい。何とかアサインしてもらえないか』とお願いしました。ちょうど、現在所属するMR技術部が拡大するタイミングだったので、運よく異動が叶ったんです」

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。