ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【画像多数】ラウンドワンでアニメ爆音&大画面上映をやってみた

TOP画像ハルヒ

全国の『ROUND1』(一部店舗除く)にて3月1日より開始のサービス『DVD/ブルーレイ鑑賞ルーム』を、いち早く体験してきたのでフォトレポートしたいと思います。

ROUND1池袋店

『ROUND1』のカラオケルームに100インチのプロジェクタ2発Blu-rayプレイヤーを備え、持ち込みのDVDやBlu-rayソフトを大画面・大音量で見られるというこのサービス。来月1日からスタートなのですが、池袋店のみ昨年10月から試験運用しているとのこと。
それを聞き「これってアニメを爆音&大画面で楽しむのにちょうどいいんじゃね?」とひらめいた記者は、雨の中、Blu-ray BOXを抱えて夜の池袋に駆け出していきました。
ただアニメを見るだけではもったいないので、以下の7種類のシーンを上映して見比べることにより、爆音&大画面で見るにはどんなアニメが合うのか? を検証したいと思います。

1:日常シーン
2:ダンスシーン
3:アクション・バトルシーン
4:宇宙艦隊戦シーン
5:ライブシーン
6:ギャグシーン
7:(おまけ)実写ライブシーン

パネル

1Fエレベーターホールにこのサービスのパネルが出ていました。

大好きなアーティストのDVDを持ち込んで再生すればそこはまるでライブ会場!!

とのことですが、今回はアニメに絞ってレビューしたいと思います。

9Fの受付にて手続きをし、10Fのスペシャルルームへ。

ルーム15

店員さんによるとこのタイプの部屋は池袋店にも2部屋しかないそうなので、ご利用の場合は予約するのがいいと思います(記者も事前予約をしました)。

カラオケルーム

中は一見普通のカラオケルームです。
大きめの部屋で、1人だとゆったりしすぎるくらいゆったりできます。友達と3~4人で来てちょうどいいくらいかもしれません。
部屋の中ではスリッパに履き替えます。

デュアル画面

部屋の中には2発のプロジェクタ(『EPSON EB-G5100』)によって壁に2つの大画面が投影されています。焦点距離の都合か、2つの画面のサイズが違うのはちょっと残念。なお、機器の操作方法は店員さんが最初に丁寧に教えてくれます。
大画面なこと以外は普通のカラオケルームと一緒なので、食べ物を頼んだりすることもできますし、ドリンクは飲み放題です。快適。

レッツ・エンジョーイ!

ハルヒのBlu-ray

数あるアニメ作品の中から、先述の7つのシーンがすべてあるという点で、今回は『涼宮ハルヒの憂鬱』(2006年放送、(c)2006 谷川 流・いとうのいぢ/SOS団)シリーズをチョイスして鑑賞することにしました。

上映風景

上映風景はこんな感じです。
比較として写真中央にビニール傘を置いてみました。かなりの大画面であることがお分かりいただけると思います。
それでは早速いってみましょう!

1:日常シーン

まずは第2話『涼宮ハルヒの憂鬱II』から。主人公の男子高校生・キョンがクラスメイトの変人・涼宮ハルヒ(すずみや・はるひ)と会話するシーンです。

1年5組

2画面のため、教室が広く見えます。

ハルヒ初登場

涼宮ハルヒ登場。キャラクターが大きく表示されるので、背景の描きこみや眉毛の動きの演技など、自宅のTVやPC画面では見落としていたようなディティールまで見れて満足度が高いです。
一方、2画面あってもキャラクターの顔は結局片方しか見ないので、人物のバストアップのシーンでは2画面である恩恵は薄いです。

キョンとハルヒの会話シーン

キョン(画面右)とハルヒの会話シーン。声を大ボリュームで聞けるのは家ではできない体験で楽しいです。
ただし、音質に関しては、いわゆるカラオケルームなので室内に音が反響するため、日常会話のシーンの鑑賞にはあまり適していないと感じました。

長門初登場

文芸部員の無口な眼鏡っ娘・長門有希(ながと・ゆき)の初登場。

みくる初登場

ロリ顔巨乳の先輩・朝比奈みくる(あさひな・みくる)の初登場。
2画面それぞれ角度が違うため、キャラクターの表情が微妙に違って見えることがあるのがなかなか新鮮です。

SOS団結成!

文芸部の部室を占拠して、ハルヒが”SOS団”の結成を宣言するシーン。昨今の深夜アニメの、なんだかよく分からない部活だかサークルだかで美少女たちがたむろしている系アニメの源流です。
画面に2~3人いる場合でも、全員が主要キャラの場合、結局1画面しか見ないため、日常シーン主軸の作品を見る場合は、いっそ片方のプロジェクタを消してしまってもいいかもしれません。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。