ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

打首獄門同好会、Zeppワンマンが大成功!

打首獄門同好会が2月20日、Zepp Tokyoワンマンライヴを見事「大成功」に収めた。

2月20日@Zepp Tokyo (okmusic UP's)

このワンマンライヴは、昨年11月に発売したミニアルバム『まだまだ新米』のリリースツアーファイナル。彼らにとって史上最大規模のワンマンであったが、結果は写真にある通り満員御礼の大成功。大小様々な仕掛けを施し、ファンを飽きさせない2時間半の熱演が繰り広げられた。

打首獄門同好会といえば、この公演を「ガチ撮影・DVD化」するという目的で挑戦したクラウドファンディングが予期せぬ勢いを見せ、世間を騒がせたばかり。そちらは最終的に当初の目標金額300万円の5倍にあたる1,500万円を集めるという、驚愕の結果を叩き出している。この結果はこれまで日本で行われた音楽系クラウドファンディングでTOP5に入る成績だというから驚きだ。

そんな打首獄門同好会だが、そのマイペースっぷりは健在。ワンマンライブ開演前にはおもむろに彼らのインターネット番組「10獄放送局」の上映を開始、メンバー達が益子焼の茶碗を作る様子が映し出され、その販売プランがアナウンスされるなど、ロックバンドらしからぬ空気は相変わらずだった。

ワンマンでは「打首節」全開の新曲「島国DNA」も初披露された。 昨年5月に発売され彼らの代表曲となった「日本の米は世界一」に続く、『日本の心シリーズ』という位置づけで、日本が誇る「魚食文化」をストレートに表現している彼らならではの楽曲だ。 今後のライヴでも披露されていくことになるだろう。

2016年も初旬から驚きのニュースが絶えない打首獄門同好会。今後もますます彼らから目が離せない。

■『we fan』打首獄門同好会-Zepp Tokyoワンマンライブ 超ガチ撮影によるDVD化計画
https://wefan.jp/crowdfunding/projects/uchikubi_zeppdvd
■打首獄門同好会 オフィシャルHP
http://www.uchikubi.com/

打首獄門同好会 (okmusic UP's)
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。