ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.10 吉澤嘉代子×ハマ・オカモト

yoshizawahama1

OKAMOTO’Sのメンバーが友人はもちろん、憧れのアーティストなどをゲストに迎える対談企画第10弾は、ハマオカモトが注目するシンガーソングライターの吉澤嘉代子が登場。バックグラウンドから曲との向き合い方を語ってくれた。そしてこの場を借りて吉澤がハマにお願いしたいこととは?

 

――ふたりが初めて会ったのはいつごろなんですか?

ハマ「吉澤さんに初めてお会いしたのは、僕がMCを担当しているBSの音楽番組(「FULL CHORUS〜音楽は、フルコーラス〜」)にゲストに来ていただいたときですね」

吉澤「去年の10月くらいだったかな?(実際は9月29日オンエア)」

——ハマくんはそれ以前に吉澤さんの楽曲を聴いてたんですか?

ハマ「聴いていました。2015年は女性シンガーソングライターにスポットが当たることが多かったので、いろいろな女性シンガーソングライターの音源をチェックするようにしていました。その流れで音楽好きの先輩と話していたときに吉澤さんのお名前が出て。インタビューを読んだことはありましたが、音源は聴いたことがなかったので気になっていたんです。先輩の勧め方も『カメレオン的な音楽性だから聴いてみて』というかなり興味が惹かれる言い方で」

——“カメレオン的”って吉澤さんの音楽性を思うと言い得て妙ですね。

ハマ「そうですよね。それでYouTubeでMVを観たんです。最初に観たのは『ケケケ』のMVで。別の日にスペシャ(スペースシャワーTV)で全く違うタイプの曲のMVが流れていたので『カメレオン的ってこういうことか!』と思って。そこから過去の作品も聴いていきました」

吉澤「ありがたいです」

ハマ「これは番組でお会いしたときにも話しましたが、歌詞の妙だったり、どこまでが本人の作曲で、どのようにアレンジしているのかなど、細かいことがいろいろと気になって」

yoshizawahama2

——吉澤さんとしては“カメレオン的”と称されるのはどうですか?

吉澤「曲を作るときに自分の等身大ではなくて、架空の主人公を設定した物語を描くのが私の芸風だと思ってるんですね。曲の主人公は、中学生の女の子だったり、化け猫だったり、ストリッパーだったり、無駄毛とかさまざまななんですけど(笑)、曲に合わせてサウンドも多彩になるのは必然かなと思ってます」

ハマ「アーティストとして完成された世界観を持ってるなと思います。僕らもロック・オペラをコンセプトにしたストーリー性のあるアルバム(『OPERA』)を作ったあとだったので、そういう意味でも余計に興味が湧きましたし。吉澤さんの楽曲はウォールオブサウンド的な曲があったり、モータウンビートの曲があったり、多彩なアレンジも印象的ですが、歌とサウンドが無理やりくっついた感じがしないんです。なので曲の内容も曲のタイトルも映える」

吉澤「ありがとうございます。いつもタイトルから曲を作っていくんです。そこから歌の内容を考えて、歌詞を書いて、メロディつけて、コードを付けるんですけど、そのイメージは全部言葉から始まっていて。たとえばいじめをテーマにした曲だったら、悪口のグルーヴというところから『ファンクなサウンドはどうですかね?』ってアレンジャーさんと相談したりして」

ハマ「吉澤さんは歌詞の世界観だけにとどまらない言葉遊びをしていますよね。アレンジにまで影響を及ぼす言葉遊び感があって。それがすごくおもしろいと思います」

——吉澤さんの歌詞はオノマトペ(擬声語)を多用してるのも特徴的ですね。

吉澤「そうですね。『オノマトペ』というミニアルバムを作りたいくらいです(笑)。子どものころは言葉で何かを人に伝えるのが苦手だったんですね。自分の気持ちを言葉にすると泣いちゃうような子だったんです。その分、余計に言葉に対する執着心があって。コミュニケーションをうまくとれない自分から逃げる術として小説や詩の世界に入りこんでいったんです。言葉から逃げて、言葉に行き着くみたいな」

ハマ「歌に対する興味はどうだったんですか?」

吉澤「小さいころから歌うことが大好きで、将来は歌手になりたいと思ってました。でも、テープレコーダーで自分の声を録って聴いたときに『なんて子どもの声だろう!』って落ち込んだんです」

yoshizawahama3

——子どもながらに子どもである自分に落ち込むという(笑)。

吉澤「幼稚園のころなんであたりまえなんですけどね(笑)」

ハマ「ものすごく子どもですよね(笑)」

吉澤「でも、自分は大人だと思ってたんですよ」

ハマ「それで『こんな声じゃダメだ!』と思ったんだ」

吉澤「そうなんですよ。あと、私の父が井上陽水さんのものまねをずっとしていて。歌う人が近くにいた影響もあると思いますね」

ハマ「お父さんが陽水さんのものまねをずっとやってるんですか?(笑)」

吉澤「30年以上やってますね」

ハマ「セミプロじゃないですか(笑)」

吉澤「カツラとサングラスを常備してます(笑)」

ハマ「本気だ(笑)」

吉澤「陽水さんがテレビに出てると『俺のほうが似てる』とか言うんですよ。病的ですよね(笑)」

ハマ「なんですか、そのパラレルワールド的な発言は(笑)」

吉澤「小さいころからそんな父と一緒に親戚の前で余興みたいなことをしていたから、ショーに対する興味も自然と生まれたのかもしれないですね」

ハマ「レコーディングやライヴのメンバーも吉澤さんの要望で決まることが多いんですか?」

吉澤「そうですね。最初はミュージシャンの方を全然知らなかったんですけど、作品を重ねるうちに『この人と一緒にやりたい!』という欲がどんどん出てきて」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。