ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニューヨーカーを魅了した凄腕シェフが仙台に凱旋! 仙台牛100%の異次元ハンバーグの衝撃!

ニューヨーカーを魅了した凄腕シェフが仙台に凱旋! 仙台牛100%の異次元ハンバーグの衝撃! f:id:mesitsu_lc:20151029144549j:plain

今、仙台の食通たちの間で話題を集める一軒の創作料理レストランがあります。その名は「New York 紐育(ニューヨーク・ニューヨーク)」。

この店のオーナーシェフ・庄子泰弘さんは、およそ30年にわたりニューヨークに住み、2つのレストランを経営して来たという方。

そのクオリティの高さは、『New York Times』(新聞)、『Timeout』(雑誌)、『The New Yorker 』(雑誌)といったマスコミも絶賛。全米NO.1のレストランガイド『Zagat』では、30点満点中25点を獲得。「AOL City Guide 2007」では、寿司部門で2位にランクイン。「Travel+Leisure」ではNew York’s Top50に選ばれるなど、そのレベルの高さはまさに折り紙付きなのです。

その凄腕シェフが、およそ5年前に故郷である仙台に戻ってオープンさせたのが、地元の食材を使った創作料理のレストラン「New York 紐育」なのでした。

多くの著名人も通う、隠れ家的レストラン

f:id:mesitsu_lc:20151029144310j:plain

お店は、仙台駅の北西部、春日町にありました。晩翠通りに面したビルの地下1階にあるものの、中庭があるため、外光も入って明るくシックなお店です。

階段を下りた中庭には、ガーデンパラソルとテーブルが用意され、ワンちゃん連れのお客様がお散歩のついでに食事を楽しむこともあるそうです。

f:id:mesitsu_lc:20151029144321j:plain中庭のテラス席。ここならワンちゃんと一緒に食事もOK

階段を下りてしまえば、人目は殆ど届かないため、仙台を訪れた著名人やスポーツ選手などもお忍びでやって来るのだとか。

f:id:mesitsu_lc:20151029144334j:plain

取材時はハロウィンが近かったことから、カボチャの雑貨たちが優しく迎えてくれました。名店なのに決して敷居の高い印象はなく、誰もが気軽に立ち寄れる雰囲気です。

f:id:mesitsu_lc:20151029144355j:plain

店内に入ると大きなオープンキッチンが出迎えてくれます。キッチンに面したカウンター席に座れば、ニューヨーク仕込みの鮮やかな調理スタイルを間近に見る事が出来、これだけでもちょっと贅沢なエンターティンメントと言えるでしょう。

仙台牛100%! まさに異次元のハンバーグ!

さて、この日のお目当ては「特選仙台牛のハンバーグランチ」。仙台牛とは、全国で唯一、肉質等級が最高の「5」に格付けされないと名乗る事を許されないブランド牛肉で、和牛の最高峰と言っても決して過言ではないお肉です。

実は今、仙台牛はとても入手困難なのだそうです。肥育に4年ほどかかるため、東日本大震災で肥育数が減少した影響が4年目の今年に現れているのだそう。庄子シェフは宮城県北部の畜産農家の協力で特別に入手できているものの、ただでさえ貴重な仙台牛が一段と入手困難になっているのだそうです。

その貴重な仙台牛を、なんとランチで手軽にいただけるというのですから、嬉しい限り。

f:id:mesitsu_lc:20151029144457j:plain

まずはご覧ください、これが仙台牛のブロック肉です。見事に網目状のサシが入っています。人の手で丹念にマッサージしないと、この霜降り肉にはならないのだそうです。

「まさに農家さんが手塩にかけて創り上げた、食べる芸術品なのです」

と、庄子シェフは目を細めます。

f:id:mesitsu_lc:20151029144815j:plain
1 2次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。