ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

究極の防寒着を探すなら『ワークマン』一択じゃね?

workvest038_R

2月も半ばに差し掛かり、寒さも全開な日本列島で御座いますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

というわけで、今回は筆者が使っている冬服、もとい”防寒服”を紹介してみましょう。

働く男の『ワークマン』

「御安全に!」

世間一般では『ワークマン』と言えば働く男の作業服、概ね”ガテン系ファッション”が揃う店として知られていますが、意外と利用者は少ない模様……。

確かに店内にはソレっぽい仕事の人ばかりですが、何気に優秀な作業服や防寒服が揃っているので、是非とも一般ピープルの人達にも訪れて欲しいですね。

インナーとして秀逸な『ワークマン』

「ワークマンはダサい」(褒めています)

若干、アウターとして着るにはカラーバリエーションが地味で、デザインが職人過ぎる感のある『ワークマン』ですが、それゆえ実用性は高く、ハードな仕事で使われる事を想定しているので耐久性は抜群な商品が多いのです。

つまり外から見えるアウターはファッション重視で服を揃え、外からはほぼ見えないインナーは実用性と耐久性重視で揃えるのが、デキる男のコーディネイトとなるのです。

『ヒートアシスト発熱ピーチ起毛ハイネック(ゆったり)』

workvest032_R

そして、コチラの商品が筆者イチオシのアイテム『ヒートアシスト発熱ピーチ起毛ハイネック(ゆったり)』(980円)で御座います。レイヤリング(重ね着)は基本的に

肌着(汗を吸って乾燥させる吸湿ドライ系シャツ)

の上に暖かい空気を貯める服を着て、一番外側のアウターに防風性を求めます。

こちらの商品は裏(肌に当たる側)がモコモコになっているので、かなり暖かいですね。

workvest033_R

昔はこの手のモコモコは静電気が半端なくて、ちょっと冬場は嫌な感じだったのですが、今は静電気を抑える加工がしてあるので安心です。

この『ヒートアシスト発熱ピーチ起毛ハイネック(ゆったり)』の上に『ユニクロ』のフリースを着てしまえば中は見えなくなるので、職人っぽいイメージは皆無です。

workvest031_R

欠点としては、ほぼほぼ汗を吸わないので下に着る肌着は、吸湿ドライ系を着ないと悲惨です。

激安なので耐久性が心配される方もいるかもしれませんが、筆者はシーズン中に3着ローテーションさせていたところ、どれも2年目の使用が可能なコンディションでした。

一番最初に劣化してくる”ニット部分”の袖口なども、縫製はしっかりしていますね。

workvest034_R

まあ、1年使えば十分に元が取れる価格なので、この耐久性なら”使い捨て”にならず、衣類として合格点に達していると断言出来ます。

『制電加工裏起毛ハーフジップ』

workvest040_R

そして!

いつの間にか『制電加工裏起毛ハーフジップ』が発売されていた件の是非です。

『ヒートアシスト発熱ピーチ起毛ハイネック(ゆったり)』は暖かいのですが、時に暑過ぎる事もあったりするのが悩みのタネでした。下の方に着ているので脱ぐのは面倒で御座います。

しかし!

この『制電加工裏起毛ハーフジップ』であれば、ファスナーを開閉する事で温度を調整出来るので、脱がなくても多少は体温を調整する事が出来ます。

しかも、お値段”980円”のところ、バーゲン価格の”780円”で売っていました。780円で防寒服が手に入るのならコスパも抜群、これは見つけたら即買いではないでしょうか?

『防寒裏アルミインナーベスト 』(1900円)

workvest001_R

さらに!

筆者が見つけた最強アイテムも合わせて紹介しておきたいですね。上記のアイテムと重ねて着れば耐寒性能はMAXになります。

workvest003_R

この耐寒ベストは、その名前の通り裏地にアルミが蒸着してあり、非常に保温効果が高いのです。その狙いは

workvest006_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。