ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BATTLES 『La Di Da Di』インタビュー

_MG_0391

2002年にニューヨークで結成されて以来、世界のポストロックシーンに絶大な影響を与えてきたバトルズ。2015年9月にリリースされた待望の3rdアルバム『La Di Da Di』は、緻密に考え抜かれたサウンドの「構築性」と、メンバー3人の個性がぶつかり合うスリリングな「即興性」が奇跡的バランスを見せた傑作だった。無味乾燥でコンセプトだけ先走った実験音楽とは真逆の、血湧き肉躍るエクスペリメンタル・ロック──。その複雑かつ豊穣なグルーヴの核にいるのが、イアン・ウィリアムズ(ギター、キーボードほか)とデイヴ・コノプカ(ギター、ベースほか)の繰り出す変幻自在なループに対して、ダイナミックな轟音ビートを叩き出すドラマーのジョン・スタニアーだ。昨年11月の来日公演でも、シンバルを異様に高い位置にセットした独特のドラムセットを駆使して、超満員のオーディエンスを熱狂の渦に叩き込んでいた。ステージ上の荒ぶる姿とは対照的に、素顔はインテリジェント、かつジョークを絶やさないジェントルマン。東京でのライブを控えた忙しい来日スケジュールの合間を縫って、新作『La Di Da Di』の舞台裏について語ってくれた。

 

──最新アルバム『La Di Da Di』、素晴らしい作品でしたね。聴けば聴くほど新しい発見があって……。

 ジョン「ありがとう!」

──複数のゲスト・ヴォーカリストを招いた前作『Dross Glop』(2011)はサウンドも自由奔放というか……アイデアが際限なく拡散していくような、混沌とした魅力がありました。一方今回の『La Di Da Di』では、歌の要素は思いきってカットしていますね。サウンドにも凝縮感があり、どこかストイックな感じを受けます。メディアには「原点回帰」という批評も見られましたが。

ジョン「うーん、それはどうかな。バンド結成からもう15年近くたつけど、今回のアルバムがまだ3枚目だからね。そもそも原点回帰するほどの数がない(笑)。ただ、ストイックという印象を持ってもらえたことは嬉しいよ。要因はいくつかあると思う。まずゲストを交えず、メンバー3人のやりとりだけで作っていること。それからご指摘の通り、ヴォーカルを入れず器楽的な演奏に終始していること。あと、前作みたいにスタジオで試行錯誤するのではなく、事前の用意をきっちり行ってレコーディングに集中したこと」

_MG_0328 1

──たしか『Dross Glop』の制作時は、スタジオに7ヶ月も泊まりこんだんですよね。「ほとんど制御不能なプロジェクトになってしまった」と。

ジョン「その通り(笑)。ただ、最初からストイックな音を目指していたかというと、そうではなくてさ。バトルズはいつも、アルバムを作る際にはまったく新しいものを創りだそうと全力を注いでいる。今回の『La Di Da Di』もそこは同じで、最初からヴォーカルを省くと決めてたわけじゃないし、もちろんファーストアルバム『Mirrored』(2007)以前の音作りに戻ろうとも思ってなかった。3人で意見をぶつけ合い、試行錯誤を重ねる中で、自然とこういうインストゥルメンタルになったいった。僕らにとってアルバムのサウンドというのは、つねに結果なんだよ」

──ただ、アルバムという形式へのこだわりは相変わらず強いのでは? 本作を聴いても、個々の楽曲が独立した個性を持っていると同時に、52分で1つのカタマリになってぶつかってくるように感じます。

ジョン「うん、それは大いにあるね。現代はダウンロードであれサブスクリプションであれ、聴き手が自在に曲の並べ方を選べる時代だろう。要は楽曲というものがバラバラに切り離され、『アルバム』というトータルなアートの形式が失われつつある。でも僕らは、今でもその時代遅れの形式が好きなんだ。バトルズのアルバムはすべて、最初から最後まで通して体験してもらうことを前提に作られているし。必然的に曲順だって1週間かけて慎重に決めている。そもそも僕らはポップバンドじゃないし、シングルはもちろん12インチのリミックス盤も出さないからね(笑)。だからラジオでかかることも少ない」

──1曲ずつ取り出して聴いても楽しいけれど、やっぱりアルバム1枚まるごと体験してこそ真価が伝わってくると。

ジョン「少なくとも自分たちではそう意図しているよ。こんな時代だからこそ、アルバムというトータルな体験を重視する姿勢を貫こうと。でもさ、もしかしたら、今後ますますストリーミングが主流になることで、アルバムという表現形式が復権するかもしれないよね。要は、スキップできないようにして、アルバムを頭から聴かなきゃいけないように設定すればいいわけだから(笑)。ま、やろうと思えばね。ちょっと皮肉な話ではあるけれど」

_MG_0323

──では、今回の『La Di Da Di』というアルバムを通じて、バトルズの3人はどんな体験を生みだしたかったのでしょう? あえて言葉にするならば。

ジョン「それもまた難しい質問だね(笑)。まず基本的なところでいうと、僕たち3人は常に、あらゆる要素を採り入れてユニークな音楽を作りたいと思っている。安直にジャンルできないようなものをね。たまに僕らの音楽を「マスロック」って呼ぶ人がいるけど、個人的にはあの言葉が大嫌いなんだよ」

──あ、そうなんですね(笑)。

ジョン「好きじゃないね。だって、いくら変拍子を多用してるからって、すごく安直な響きがするだろう。そもそも、数学(mathematics)が好きだったらミュージシャンにならずにエンジニアになってるから(笑)。逆に、そういうジャンル定義にこだわらずにいろんな要素が入ってた方が、いろんな人に聴いてもらえるじゃない。実際、僕の友人にはロック好きからヒップホップ、DJやテクノ、アヴァンギャルド、メインストリームのポップスまでありとあらゆる音楽のファンがいるけど、そのいろんな要素が『La Di Da Di』には含まれてる。聴けばどこかは、楽しめるところが見つけられると思うんだ」

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。