体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[PR] 『ダイハツ トーテム』を例えるなら「海外旅行で新しい景色を見たときの感動」

IMG_3763_f

『シルク・ドゥ・ソレイユ』って、名前は聞いたことあるけどなんなの? と思っている人は案外多いのではないでしょうか。恥ずかしながら筆者もその一人でした。

『シルク・ドゥ・ソレイユ』自体は、“エンターテインメント集団”の名称。カナダの小さなサーカス集団だったシルク・ドゥ・ソレイユ、創設から30年余りで5000名のアーティストとスタッフを抱えるまでに成長しました。

IMG_3718_f IMG_3656_f

ショースタイルやパフォーマンスの基軸はサーカスや大道芸でありながらも、非常にアーティスティックな衣装や音楽・演出により、アートの要素が高いことから世界中から非常に高い評価を受けています。

今回そんなシルク・ドゥ・ソレイユの日本最新公演『ダイハツ トーテム』の公開リハーサルに参加することができました。特別に許可された撮影による写真を交え、『ダイハツ トーテム』の魅力をご紹介します。

※本記事は予定されている演目に関する記述、写真を用いております性質上、“ネタバレ”要素がございます。本公演を楽しみにしておられる方は、その点、どうかご注意ください。

テーマは“人類の進化”

会場である“お台場ビッグトップ”は2800席以上を有する青と黄色で彩られた巨大なテント。その中に入ると、中央には甲羅のような巨大なオブジェが鎮座。周囲からは野生を思わせる環境音が響き、開演前から別世界の様相です。

音と言えば、『トーテム』の音楽や歌は全てミュージシャンたちによる生演奏と生歌なのだとか! 『トーテム』は「異なる種と進化の歴史を表現」した、人間だけのサーカス。パフォーマンスごとに大きく変わる世界観を、生の音楽、そして光による色彩美や衣装、最新鋭の舞台装置を駆使してダイナミックに描きだします。

IMG_3781_f IMG_3808_f

お客さんと一緒に楽しんでほしいエンターテインメント

前回の日本公演である『オーヴォ』は、虫の世界を描いた作品でした。たまたま前作を観ていたスタッフによると、今作『トーテム』は生命と進化のテーマなので人間がたくさん登場する分、感情移入しやすい場面が多かったようです。

IMG_3937_f

確かに今作は、コミカルなやりとりも多く、特に小さい子供にウケそうな仕掛けがふんだんに盛り込まれていました。「これ、小学生なら爆笑だろうな」という個所がいくつも。激しいアクションも随所にあり、小さい子供でも大いに楽しめる内容になっていると思います。

IMG_3823_f IMG_3951_f

『トーテム』は「お客さんを楽しませる」ことにためらいがなく、観客に歩み寄った演出になっていると思います。

アートとエンターテインメントの美しい融合がシルク・ドゥ・ソレイユの魅力だと思うのですが、本作はアートに偏りすぎることなく、僕達を心のそこから楽しませてくれるエンターテインメント寄りのバランスになっています。

『トーテム』の“中の人”のコメントによれば、「日本の観客は非常に行儀が良いです。でも、楽しいときには笑って、拍手してもらっていいんです。それがアーティストのエネルギーにもなりますから」と。

IMG_4238_f IMG_4026_f

だからこそ、面白い場面はうんと声を出して笑い、素晴らしいときにはどんどんと拍手をして楽しむことで、アーティストと舞台を作ることができるのです。

1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。