ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シロノワールがクロノワールに! 「チョコ色に染まれ!コメダのチョコ祭り」

コメダ珈琲店 クロノワールとコーヒー

魔法の呪文は”チョコメダコメダ”!
名古屋生まれのコメダ珈琲では、2016年2月1日(月)からバレンタインイベントとして「チョコ色に染まれ!コメダのチョコ祭り」を開催しています。コメダのソフトクリームがすべてチョコレート色に染まるという、チョコ好きにはたまらないイベント。

1977年の販売以来、コメダ看板商品として親しまれている「シロノワール」も、期間限定で「クロノワール」へと変身しちゃうと聞いて、さっそく食べに行ってきました!

コメダ珈琲店の「シロノワール」って?

コメダ珈琲店の「シロノワール」は、サクサクふんわり焼いた丸いデニッシュパンの上にた~っぷりのソフトクリームをのせたデザート。デニッシュパンの熱々とソフトクリームの冷え冷えの温度差も楽しく、パンの温度でとろりととろけたソフトクリームをパンに絡めて食べるのもまた美味しいのです♪
ついてくるシロップは、最初にかけたり、後半でかけたり、気分や好みで調節可能。

コメダ珈琲店

コメダ珈琲は、いまや名古屋圏のみならず、全国に600店舗を展開していますが、コメダと言えば、「シロノワール」と言うぐらい、全国的にも認知されつつあるのだそうですよ。

期間限定! コメダの「クロノワール」

チョコ色に染まれ!コメダのチョコ祭り

コメダ珈琲店では、「チョコ色に染まれ!コメダのチョコ祭り」の期間中、ソフトクリームも、クリームコーヒーも、クリームソーダも、上に乗っているいつもの白いソフトクリームが、チョコソフトに変身します。もちろん、シロノワールもクロノワールに!

コメダ珈琲店 クロノワール

こちらが、クロノワール、600円(税込)。ソフトクリームはチョコソフトになり、シロップの代わりにチョコレートソースと粉糖でデコレーションされています。ちなみに「ノワール」はフランス語で「黒」。つまり、「クロノワール」は「黒黒」という意味ですが、確かにチョコソフト×チョコレートソースで、見た目も”黒×黒”ですね。

コメダ珈琲店 クロノワール

ほどよく温められたデニッシュパンは、外側がさっくり、内側はふんわり。運ばれてすぐはソフトクリームの角がたっていますが、食べ進めるうちにパンの熱でチョコソフトがとろりととろけ、チョコソースと混じり合います。その混じり合ったものがしみ込んだデニッシュパンも、チョコ好きにはたまらないおいしさ!

けっこう甘めで、サイズも大きいので、クロノワールのおともには、普通サイズのブレンドコーヒー(税込420円)より、たっぷりブレンドコーヒー(税込520円)がおすすめです。
ひとりで食べきる自信のない方は、小さめサイズの「ミニクロノワール」(税込400円)もありますよ。

「チョコ色に染まれ!コメダのチョコ祭り」は、2016年2月1日から始まっており、チョコソフトが無くなり次第、販売を終了するとのこと。いましか食べられないクロノワールを食べてみたいっ!というチョコ好きさんは、コメダ珈琲店へ急いでくださいね♪

以上、期間限定、コメダ珈琲店のクロノワールの試食レポでした!

(※一部店舗では実施していない場合があるそうです。ご注意ください。)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ayan) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。