ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手足に力が入らなくなる 突然目が見えなくなる難病 多発性硬化症が日本人にも増加

a1180_014912

人間が物を見たり、手足の感覚を感じたり、身体の各所を動かせるのは神経組織の働きが関与しています。
たとえが正確ではありませんが、人間の神経組織はバケツリレー式に神経の電気刺激を伝える物質が分泌されることによって、神経細胞の隅々まで刺激が伝わり、身体の機能が正常に動くのです。

その神経細胞の電気信号をスムースに伝えるために、神経細胞は「ミエリン」という組織に包まれています。
このミエリンを、異物として免疫細胞が勘違いして攻撃(脱髄といいます)し、様々な障害が起こる多発性硬化症(MS)という病気があります。

多発性硬化症は、北欧やカナダなどの極地方に近い地域に住む白人に多いことがわかっています。
ところがここにきて、日本人もこの病気に罹患している人が増えていることがわかり、単なる環境や遺伝的な要素だけで発症するのではないことが立証され、病気の発症のメカニズムについて疑問視する医学者が増えてきました。

日本においては、圧倒的に女性の方のほうが罹患する確率が高く(全体の7割)、各大学などが独自に行っている疫学的統計データを見ると、発症年齢が若くなっているとされています。

ミエリンは、免疫細胞から攻撃を受けても初期のうちは回復が早く寛解(病気が治るわけではないが症状が治まってしまう状態)に至ることが珍しくありません。
そのため、病気に罹患していることに気づかないケースが多いとされています。したがって再発した際に、医師が多発性硬化症を疑い、病気に罹患していることがはっきりすることが少なくないようです。

多発性硬化症の診断は、医師でも難しい側面があります。多発性硬化症と非常によく似た兆候を示す、視神経脊髄炎(NMO)という病気があるためです。そのため医師は、血液検査や、骨髄液の検査、MRIの検査を行い視神経脊髄炎ではないことを確認します。多発性硬化症の患者さんに、視神経脊髄炎の治療薬を投与すると、症状が悪化した上で再発するケースが知られているからです。

多発性硬化症の治療は、ステロイドなどの炎症を抑える薬と、免疫を調整する薬を併用するのが基本です。
昨年秋に軽症の患者さんを対象に「グラチラマー(商品名コパキソン)」が承認されましたが、今後も様々な薬が承認され、きめ細やかな治療が可能になるのではないかといわれています。

ちなみに、多発性硬化症は、初期の患者さんほど、奏功し、症状を寛解させる治療が行える確率が高いとのこと。
本記事のような症状に気づいたら、自然に治ったとしても、かかりつけのお医者さんに相談したほうがベストです。

※写真はイメージ 足成より http://www.ashinari.com/2014/08/08-389449.php

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 松沢直樹) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。