ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子どもが走り大人も踊る!? 科学とゲームがコラボする日本科学未来館の新感覚展示『アナグラのうた~消えた博士と残された装置~』レポート

『アナグラのうた~消えた博士と残された装置~』レポート

日本科学未来館が情報科学分野の10年ぶりの常設展示更新にゲームクリエーター飯田和敏氏を起用。空間情報科学の未来って何? 科学とゲームのコラボってどうなの!? 何かと興味深い『アナグラのうた~消えた博士と残された装置~』を体験してきた。

この記事にはたくさんの写真が含まれています。全ての写真が見たい方はこちらからご覧下さい。

アナグラの入口

日本科学未来館

日本科学未来館は東京・お台場にある宇宙飛行士の毛利衛氏が館長を務める日本の最先端科学技術を展示するサイエンスミュージアム。その外観が映画『オースティン・パワーズ ゴールドメンバー』のロボット工業社屋として使用されたことでも有名だ。最近有機ELパネルにリニューアルしたシンボル展示『Geo-Cosmos』が美しい。

有機ELパネルにリニューアルしたシンボル展示『Geo-Cosmos』

さまざまな企画展示に加え、“地球環境とフロンティア”、“生命の科学と人間”、“技術革新と未来”そして“情報科学技術と社会”といった分野の常設展示を行っている。

たくさんのゲームクリエーターが参加した『アナグラのうた』

『アナグラのうた~消えた博士と残された装置~』は“情報科学技術と社会”エリアに展示されている。

グラスホッパー・マニファクチュアのゲームクリエーター飯田和敏氏(『太陽のしっぽ』『巨人のドシン』『ディシプリン』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版-サウンドインパクト-』など)が演出、エウレカコンピューターの犬飼博士氏(『eスポーツグラウンド』『Mr. SPLASH!』など)がディレクション、ブレインストームの中村隆之氏(『Nagi』『ルミネス』『バーチャファイター』など)がサウンドシステムを手がけるなど、多数のゲーム関係者が参加している。最先端の科学技術の紹介が彼らの参加によってどのような展示になったのだろうか。

アナグラのうたのゲームクリエーターたち

写真:左から犬飼氏、中村氏、飯田氏、アニメーション・グラフィックを担当した納口氏

どんな展示なの?

『アナグラのうた~消えた博士と残された装置~』は私たちが暮らす実空間での人やモノのふるまいを計測し、その結果を計算して理解し合うことで、人々の暮らしを支援しようという“空間情報科学”の展示だ。

ストーリー
世界に危機が訪れたとき、博士たちは世界を救おうと、アナグラにこもって空間情報科学を参考に5つの実験装置をつくりあげた。5人の博士がいたが時間の経過してひとりずつ消えてゆき、だれもいなくなってしまった。博士たちの面影が残るアナグラで、装置たちはずっと待っていた。長い時間訪れる人はいなかったが1000年の時がたち、私たち(この展示の来場者たち)が訪れた。

この展示の中で、博士たちの作った装置を体験し、博士の机に残された2011年頃の実際の研究者の生の映像や資料を見て、空間情報科学とは何か、博士たちがどのようにしてこの世界を救おうとしていたのかを感じてみよう。

博士の装置

博士の装置

アナグラの中には博士たちが世界を救おうと開発した5つの不思議な装置が置かれている。

ナガメ

空間を計測して地図を作る”ナガメ”、体験者の軌跡をトレースしている”イド”。体験者の声から生体情報を得る”イキトイキ”、個人情報を匿名化することでプライバシーを守る”ワカラヌ”。そして”シアワセ”。これは各装置から得た体験者情報を統合、解析し、体験者固有の”うた”を自動生成する。それぞれの装置が空間情報科学で大切な意味をもっている。

博士たちが残した資料

博士の机

アナグラの中には、これらの不思議な装置のほかに博士の机が残されている。モニターからは空間情報科学に取り組んでいる現実の研究者たちのメッセージ映像が流れていて、空間情報科学を理解する上で基本となる考え方を知ることができる。アナグラの体験が空間情報科学という研究につながっているということがわかる。

ANALOG

出口近くには『ANALOG(アナログ)』という本が置かれている。アナグラの記録(ログ)であるこの本には、空間情報科学についてのより詳しい解説や、各装置の意味、また“アナグラ”の物語などがつづられている。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。