米国Android市場のキャリア別シェア(Chitika Insights調査)

access_time create folderデジタル・IT

米Chitika Insightsは8月18日、2011年8月までの米国におけるAndroid端末によるネットワークトラフィックに基づくAndroid市場のキャリア別シェアを発表しました。Chitika Insightsが今年3月に発表した調査結果と比較すると、Verizon Wirelessのシェアが51%→41%に減少、AT&T Mobilityのシェアが3.5%→8.7%に増加したことが目立ちます。それでもVerizonのシェアは全体の40%を超えており、2.5人に1人はVerizonユーザという状況です。VerizonとAT&Tは米国でiPhoneを販売していますが、iPhoneでは逆にVerizonのシェアが約23%と増えており、AT&Tのシェアを切り崩しています。T-Mobile USA、Sprint Nextelはほぼ横ばい。AT’&TはT-Mobileの買収を発表しており、買収完了後は米国1位の利用者を抱えるキャリアとなるわけですが、現時点では、T-Mobileと合算してもシェアは約25%と米Sprintと並ぶ程度です。Source : Chitika Insights


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC、台湾で「HTC Evo 3D」を発表、8月下旬より発売
「Facebook For BlackBerry」がv2.0.0.45にアップデート
Xperia arc LT15iのホワイトカラーがまた中国で見つかる

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧