ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「『政商』と言われるのは心外だ」 孫正義×堀義人 対談全文書き起こし(4)

「政府のマネージメントの失敗を東電に負わせるか、考えるべき」と語る堀義人氏

 原子力発電への依存を最小限に抑えるべきという「原発ミニマム論者」のソフトバンク孫正義氏と、「電力安定論者」のグロービス代表堀義人氏は2011年8月5日、公開討論を行った。この討論会は堀氏が自身のツイッター上で孫氏を「政商」と呼んだことがきっかけで開かれたもので、討論中も孫氏は「『政商』と言われるのは心外」だと語った。

・番組を視聴する – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv58739430?po=news&ref=news#1:32:54

 以下、孫氏と堀氏のやりとりを全文、書き起こして紹介する。

「原発よりも電磁波のほうが怖い」 孫正義×堀義人 対談全文書き起こし(3)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw97160

■風評被害は「政府のマネージメントの失敗によるもの」

孫正義氏(以下、孫氏): 本来電力会社が自ら起こした事故は、国に頼る、国民の負担に頼るのではなくて、事故を起こした電力会社が無制限で本来(負担を)負うべきだ。それが本当の原発コストだと僕は思います。それに上限を作ること自体が、すでに真の原発コストの議論から外れている。

堀義人氏(以下、堀): どこかで切らないとなりませんよね。例えば私がカゼをひきました、病気になりました。これは原発のせいだということで、それも損害賠償としてやるのか。あるいは九州を含めた地域が観光(客)が減った、それも原発を理由にして損害賠償の対象にするのか。

: 原発(の事故)が起こらなければ観光は減らなかったわけです。因果関係としては、原発の事故が起きたから現に観光客が半分に減ってるわけです。それは実際の観光業界にいる人からみたら「たいがいにしてくれ!」ということだと思うんですよ。

: 風評被害というのは大きくもなるし小さくもなるわけです。だからこそ「風評」の「被害」と言うわけであって。したがって僕は、その部分の政府のマネージメントが失敗したと思ってるんですよ。その部分のマネージメントの失敗までを、すべて東電のせいにすべきかどうかというのは考えなければいけない。

: 日本は「風評被害」とか言っていろいろ隠し過ぎて、「隠匿体質だ」と言って逆に外国人はもっと信用しなくなっているわけです。すべてをさらけ出して、会計基準だってそうじゃないですか。何でも国際基準に合わせてできるだけオープンに、ディスクローズ(開放)する。そして初めて安心感と信頼感が生まれるわけで。風評被害が起きる可能性があるから、「分からないものは全部隠匿せい」とどっかの新幹線みたいな話を言われても困る。

: 僕が言ったのは、今回海外のメディアは情報は十分出ていると判断しています。「ウォール・ストリート・ジャーナル」にしても。

: 日本よりは。日本よりは出ていると思いますよ。

: 日本の原発問題に関する情報は、十分出ているというのが海外のメディアの評価です。

: その上で彼らが来ないと判断するのは彼らの自由。それによって起きた被害はやっぱり被害じゃないですか。私の意見を閉じ込めて「風評被害が出るからあんたは黙れ」。そしたら観光客が増えるとかそういう次元の問題じゃない。それは「ウォール・ストリート・ジャーナル」であれCNNであれ、彼らが独自の判断、自らの判断で、自ら信じることを報道しているわけです。それを抑えこむなんて無理です。

: いや僕が言ったのは風評被害に関して言うと、何が問題だったかというのは、私は海外のメディアを見ていても「政府の対応」だと思うんです。例えば20キロ圏内を立ち入り禁止にしてしまって、(圏内に)戻るのに2人しか必要ない(と言う)。しかも防護服をあのように着たものが今度は写真が撮られた時には海外のメディアに「うわあこれは大変なことになってる」という印象を与えてしまうわけですね。常にそういったことが(放射線量が)下がっているにも関わらず、どんどん政策によってエスカレートしていくことによって風評被害が発生してきている。これはしっかりとした政府の対応によって僕はマネージできたと考えてます。

: じゃあ防護服を着ないで行けば良かったと仰る?

: もちろん僕は・・・。

: あなたは防護服を着ないで行く勇気があるかもしれないけど、普通の人はリスクがあると思ったら、やっぱり防護服を着て行くんじゃないかと思いますよ。

: まぁそれは強制すべきかどうかという問題もある。

■「将来、ガン患者が増えたら原子力専門家は責任を取るのか」

堀氏を前に持論を展開する孫氏

: あなたが「風評被害の起きる危険性があるから防護服を着ないで皆さん行ってください」(と言う)。それはあなたの説を自分が信じて自分がそういう行動するのはあなたの自由だけど。心配している方々に、防護服をあなたたちが着ていったから海外メディアが写して「観光客が減った」なんて言われたって、その行ってる本人からすると「何を言ってるの? 私は自分の健康を守る権利は自分にある」ということだと思う。

: いや僕はね、自由にしてあげたらいいと思います。例えば(20キロ圏内の自宅に)戻りたいわけですよ、彼らは。戻りたいし、心配だし。強制的に避難させる必要性があったのかというのが僕のポイントであって。それは各人の自由に任せるべきだと僕は思います。彼らが戻る権利の自由も含めて「危険とはこういった物ですよ。この部分に関してこれ位の認識ですよ」ということをオープンに科学的根拠に則って伝えていくということが重要であって、それを是非ともすべきだったと思っています。

1 2 3 4 5次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy