ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「成立しちゃった!東電救済法」ヤメ官僚緊急トーク 高橋洋一×岸博幸

岸博幸×高橋洋一対談

8月3日、福島原発事故に関連する重要な法律が成立した。本日の参議院本会議を通過した「東電救済法」こと「原子力損害賠償支援機構法」だ。結論から言えば、ほぼ東電がイメージした通りのものができたということになるのではないか。まず東電が解体・再生される可能性はほぼなくなった。そして、このことにより電力自由化と脱原発・減原発への道は事実上閉ざされた。機構負担金により全国の電気料金は上がることとなり、さらには東電の再生をおこなわないために転嫁される6兆円とも言われる負担が国民にのしかかることとなった。東京電力はこの法案の成立を後押しするため、異例なリリースを2回も出している(http://bit.ly/oi1vTy http://bit.ly/pjctuE )。国民負担によって東電を支え、電力自由化を道遠きものとするこの法案の成立を、最も心待ちにしていたのは、まさに東京電力自身だと言える。この「東電救済法」はいかにつくられ、どのような問題をはらんでいるのか。元官僚でこのような事情に詳しい高橋洋一氏(元財務官僚)と岸博幸氏(元経産官僚)に、自由に語っていただいた。

●参加者
高橋洋一氏(元財務官僚、経済学者、嘉悦大学教授)
岸博幸氏(元経産官僚、慶應義塾大学大学院教授)

参院本会議 成立の瞬間。海江田経産大臣

結局、東電だけが得をするために作られた法律

――さて、本日、「東電救済法」こと「原子力損害賠償支援機構法」が成立です。

高橋:これって結局、東電だけが得をする法案だよね。最初、東電の決算の前に変な動きがあって「何をやってるの?」ときいたら「決算をしたい」という話だったんですよ。じゃぁ決算が終わったら「まとも」になるかと思ったら「まとも」じゃないままどんどん進んできちゃった。普通、議員が修正すれば「まとも」になるんだよね。でも修正されなかったんだよね。

岸:原発事故があって、東電の体力が落ちました、でも賠償しないといけません、決算もあります、ということで、5月に関係閣僚が集まって、その会合の決定ということでこのスキームのベースができた。

そしてそこで「東電を債務超過にしません」という謎の政治的な意思表示があったんです。

そもそも古賀茂明さんが主張していたような、民間で当たり前の再生をすればいいのに、結局再生よりも「延命」の方を優先してしまった。それがそのまま法案になってきたんですね。

さらには与野党合意という修正によって、より甘くなってしまった。そして「国の責任を明確化」という触れ込みで国が「機構」経由で延々とお金を投入できるようにしちゃった。これって結局税金負担ですよね。

昨日、東電じゃないんだけど某電力会社の幹部と話していたら、やっぱり非常に内心怒っている。当然表では言えないけれども。

すべてが東電を債務超過に絶対しないという状態を維持するための与野党合意による修正になっちゃってて、このベースも経産省がつくってましたよね。この役人が作ったものに、与野党ともに乗っかってさらに甘い法案にしちゃったと。これは東電を正しく再生させたいというわけではなくて、単に延命したいという、そういう内容になってしまっていますね。

高橋:ほんというとこんな法案つくんなくって、ほっといてもいいんだよ。それが普通なの。これまでの法律で、こういう状態になったときにフェアに解決する方法はいくつもあるわけ。

被災者の人が困っているから、国が仮に立て替えましょう、それで被災者の人は先にお金をもらうんだけど、被災者の権利は国が代わって行使しましょう、というので、これで話は終わりなんだよね。それで何の問題もない。
あとは「東電の責任問題」などを議論すればよい。それって国と東電だけで話が終わっちゃうから、これが一番簡単なやり方です。普通だったら、これで話はオシマイです。

でも、「東電を債務超過にしない(破綻させない)」というのをまず最初に決めちゃうと、すごく変なことをしなくてはいけなくなるんだよね。だって、実際には既に「債務超過」なんだから(全員笑)。

こんなの単純な算数の話だから、誰にでもわかる話で。で、「債務超過でしょ」って言ってたら、いろんなとこから山ほど文句がきて。「なんで債務超過なんだ」と怒られちゃって。東電の社長自身も「大変です」と言ってるんだから、これはもう債務超過でしょうと。東電がよっぽど好きで、東電に借りのある役人が沢山いて、そういう人達が法律つくったんだなと。

岸:本当は、市場のルールでノーマルなことをやればよかったのに。

高橋:ノーマルっていうか、何もしなくていいんだよ。

岸:もともとは経産省の幹部と東電との癒着があって、いろいろ配慮しなくちゃいけない、債務超過にしたくない、という思いがあった。さらに言えば、経産省の事務次官とかが、銀行が2兆円融資したときにだいぶコミットしたみたいで、コミットした以上はなかなか銀行には損をさせられませんという事情があったのではと。こういういろんな変な配慮すべき内容が入ってしまった結果、このように歪んでしまった、というのが元々の関係閣僚会議でできたベースなんですよね。

高橋:なんで頼むの? あの、経産省の事務次官が、なんであんなの頼みに行くの? バカじゃないの? なんかさ、普通の役人の考えだったらね、あんなの放っといたって銀行が貸すんだよ。だって貸さなかったら自分が取りっぱぐれちゃうから。だから、それは必ずやるんだよ。だから経産省の人が「俺が間に入ってやった」なんて言ってるのは、あれはバカだよ。だからね、最近思うんだけど、経産省って、「バカ度」が高まりすぎてるんじゃないか。

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。