ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

某焼肉店で『ビーフカツカレー』を注文した結果… @『焼肉はせ川』小田急相模原

hase-ho21_R

もしも「好きな食べ物をひとつだけ挙げろ」と言われたら悩んでしまう筆者ですが

「好きな店を一軒だけ挙げろ」

と言われたら、間違いなく『焼肉はせ川』を選ぶ筆者で御座います。

DSCF1888_R

若干、超絶完全予約制とか電話繋がらないとか予約が取れない等の壁がありますが、圧倒的なボリュームと絶対的なコストパフォーマンスと”謎なサイドメニューの数々”で多くの人を魅了する小田急相模原の名店です。

そんな『焼肉はせ川』が、またまたヤッてくれたのでレポートしてみましょう。

まずは国産高級和牛を食べるべし!

hase-ho1_R

豊富なサイドメニューも『焼肉はせ川』の魅力のひとつですが、やはり最初は純粋に”焼肉”をエンジョイしましょう。

hase-ho12_R

筆者的には見慣れた光景ですが、やはり『焼肉はせ川』の肉は半端ないですね。

この綺麗なサシとステーキのような厚さとボリュームで”1580円”なのですから、肉好きには堪りません。

hase-ho11_R

上牛タン(980円)も素晴らしいですね。この厚さ(5~6mm)で食べる牛タンが一番美味しいと思います。

hase-ho10_R

肉好きの人にはコチラの『柔らかハラミ』も超イチオシで御座います。普通の焼肉店の2倍のボリュームでお値段は650円とお値打ち価格になっています。

DSCF1886_R

さらに『ジャパニーズドライエイジングビーフ』(子牛のヒレ肉の昆布締め)が1280円とか神ですか?

ドライエージングにより熟成が進んだフィレ(ヒレ肉)は生ハムのような色になっています。

hase-ho4_R

こういう肉を庶民的な価格でサラっと出して来る『焼肉はせ川』は、まさに相模原が誇る名店です。

『本わさび』や『辛み大根』もイチオシ!

hase-ho13_R

そして!

国産高級和牛はサシと言うか脂も多いので、シンプルに食べたい時は『本わさび』(1本500円)や『辛み大根』(100円)も良いですね。

『本わさび』は脂と混ざると辛さが飛ぶので、意外と肉の風味を引き立ててくれます。『辛み大根』は常に置いてある訳ではないので、この日は『辛み大根』をチョイスしました。

hase-ho14_R

美味しい脂の和牛を『辛み大根』でサッパリ食べるのも、なかなかオツなものですね。これが大人の焼肉って奴でしょうか?

『焼肉はせ川』の癒しアイテム

hase-ho19_R

人によって何に安らぎを求めるかは千差万別ですが、筆者の場合は『ポテトサラダ』(100円)に癒されます。

大抵の場合、二種類のポテトサラダが盛ってあるので、味的にも飽きる事がありません。

ジンジャーエールだけでは、やや口の中が脂っぽくなるので、何かしらのアイテムで”脂を切る”と言うのは、国産高級和牛を食べ続ける為には必要な行為かと存じます。

また『焼肉はせ川』にしては、比較的少な目ですが、居酒屋さんとかのソレと比べると2倍くらいのボリュームはあります。

『ブラジリアンソーセージ』も必食である!

hase-ho15_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき