ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「デロリアン」がごみ燃料で走った!リサイクル技術で日本は資源大国になれるか

2015年10月21日、リサイクル燃料で走る車「デロリアン」がお台場を走り抜けた。1985年公開の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で描かれていた30年後の未来の一つ「ごみで車が走る」を実現した瞬間だった。

実現したのは、日本環境設計株式会社というベンチャー企業。同社の「衣料品からバイオエタノールを生産する技術」を使い、使用済み衣料品・繊維製品回収事業「FUKU-FUKUプロジェクト」で集まった原料を活用した。

「大学時代に映画を見て、『ごみが燃料になる将来』に感銘を受けた」という同社の岩元美智彦社長は、この技術を活用してさらに大きな夢の実現を目指しているという。『「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる』との著書もある岩元社長に、現在に至るまでの道のり、そして実現したい未来を伺った。

f:id:itorikoitoriko:20151207165335j:plain

日本環境設計株式会社 代表取締役社長

岩元美智彦さん

大学時代、映画を観て「30年後の2015年にはごみで車が走るんだ!」と感銘を受ける

f:id:itorikoitoriko:20151207165339j:plain

▲ごみを燃料に走った「デロリアン」。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の世界が現実に

 岩元さんが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を観たのは1985年、大学3年生の時。地元九州・小倉の映画館だった。「今から30年後には、ごみで車が走るようになるのか!」と純粋に感動したという。

「30年後という未来感が、ほどよく想像力をかきたてました。30年後、私は51歳。その頃には、普通にごみで車が走り、自分もそれを運転するようになるのかなと。映画の世界が実現するものと、信じていましたね」

 しかしそのときは、まさか「自分の手でそれを実現する」などとは微塵も思っていなかった。大学卒業後は、大阪本社の繊維商社に入社。「面接で、九州支社にずっといさせてくれると言っていたから」という理由で選んだ会社だった。その後は、営業担当者として活躍した。

 岩元さんが「リサイクル」というワードに再び出会ったのは、30歳の時。1995年の容器包装リサイクル法施行を機に、勤務先の会社を含め、商社や行政など数団体によるリサイクル・プロジェクトが発足、そのプロジェクトを岩元さんが担当したのだ。メインミッションは「ペットボトル由来の再生繊維を作る」こと。今でこそ、ペットボトルのリサイクルは当たり前だが、当時は回収率1%という状態。まずは原料となるペットボトルを回収するフローを作るために、各自治体にかけ合って「ペットボトルを回収する意味」から伝え、製品化に向けて取り組んだ。

「環境問題に本気で取り組む人など、まだほとんどいない時代。皆の意識も低かった。しかし、その中で先陣を切って環境問題に取り組めることに、存在意義を感じました。しかも、いち営業が、法律を武器に周りを説得し、巻き込む機会なんてそうそうないし、だからこそ反応もいい。今までにないやりがいを感じることができました。そして仕事をすればするほど、再生繊維に関する知識も付いていきました」

再生繊維を作っても、衣料品のリサイクル技術が進まなければ結局はまたごみを生み出すだけ…というジレンマ

f:id:itorikoitoriko:20151207165336j:plain

 そんなある日、「衣料品のリサイクル」がほぼ手つかずであることにふと気付かされた。古着ショップなど中古衣料市場はあるものの、ほとんどはごみとして焼却されたり埋め立て処理をされるだけ。ペットボトルから再生繊維を作り、それで衣料品を生み出すプロジェクトに取り組んでいるのに、作っても「その先」がない――。

 同時期、経済産業省において「繊維製品リサイクル法」の検討が進んでおり、2001~2005年の4年間に渡り議論が行われていた。岩元さんは大きな期待を持って何度か検討懇談会に出席したが、結局は制定には至らなかったという。理由はさまざまあったが、大きなものは「繊維製品をリサイクルする技術が、まだ確立されていない」から。

技術がないから、できない。ならば、その技術を何とか作れないものか…と考える日々が続きました。とはいえ、私は営業畑であり、再生繊維に関する知識はあっても技術に関する知識や知見はありません。ちょうどその頃、東京に異動になったのを機に、知識や知見を持った人の意見を集めるため、異業種交流会や勉強会などさまざまな集まりに積極的に参加するようになりました」

 このとき、岩元さんが学んだのが、「具体的に想いを言葉にする」ことの重要さ。異業種交流会のようなさまざまなバックグラウンドを持つ人が集まる場所では、その場の交流を深めるだけの話に終始しがちだが、岩元さんは自身が抱える問題意識を伝えたうえで、「こういう分野に詳しい人を知りませんか?」と具体的に聞いて回ったという。本気の言葉には、人は耳を傾ける。この時に培った人脈が皆、後に渡って岩元さんを応援し続け、実際に力を貸してくれたという。

 そして、その時に出会った一人が、当時東京大学の大学院に在籍していた髙尾正樹さん。後に日本環境設計の立ち上げメンバーとなり、現在は専務取締役として活躍することになる。

「穀物からバイオエタノールができるならば、綿でも作れるのでは?」素人の思いつきが現実のものに

f:id:itorikoitoriko:20151207165337j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。