ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

A応P『おそ松さん』主題歌、デジタルセールスが絶好調でアニメチャート初首位を獲得

A応P『おそ松さん』主題歌、デジタルセールスが絶好調でアニメチャート初首位を獲得

 トップ20位に9曲が初登場した今週のビルボードアニメチャート。そんな中、チャートイン2週目にして初の首位を獲得したのは、A応P「はなまるぴっぴはよいこだけ」。今期なにかと話題の作品『おそ松さん』の主題歌である同曲は先週も11位と好調だったが、今週はデジタルセールス/Twitter/Youtubeというデジタル3指標で1位を獲得、ほぼ独走状態での首位となった。いわゆるネットで“バズっている”ことを思わせるポイントバランスで、アニメ自体が放送当初から過剰とも取れるパロディ演出で話題となっていたことが、主題歌のヒットにも繋がった形だと言えそうだ。

 今週2位はアフィリア・サーガ「Embrace Blade」(『対魔導学園35試験小隊』OP曲)。CDセールスではアニメチャート1位としながらも、デジタルセールス等その他の指標ではポイントを積みきれずA応Pの後塵を拝した。その他、4位のカスタマイZ「解」(『K RETURN OF KINGS』エンディング曲)や、9位から13位を独占した「THE [email protected]」シリーズの関連作品も、CDセールスでのリードを生かしきれなかった。

 一方、今週3位となった瀧川ありさ「さよならのゆくえ」(『終物語』エンディング曲)は、デジタルセールスがアニメチャート中2位で好調。さらにラジオやTwitterでも話題となっており、バランスの良いポイント構成となった。次週以降のチャートアクションに繋がる可能性もあり、今後の裾の尾の広がりに注目したい一曲だ。

 なお、今週、UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」が2015年5月25日付のチャート以来初のアニメチャートランク外となっている。新曲リリースが落ち着けば、次週以降またインする可能性は高いが、ひとまず半年間のチャートインを讃えたい。

関連記事リンク(外部サイト)

11月30日付 Billboard JAPAN HOT Animation
back number「クリスマスソング」、ダウンロードで他を圧倒、ビルボード総合首位獲得
AKB48 オールタイム・ベストALが1位に、上位は女性アーティストが占める

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。