ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

血しぶけ才能! 撮ろうスプラッター! 映画製作の情熱と秘訣が詰まった『学生残酷映画祭2015』レポート[ホラー通信]

main

スプラッター、好きですか?

激しい人体損壊に飛び散る血しぶき。スプラッター映画というジャンルに高尚なイメージはないかもしれませんが、限られた予算で描写に工夫を凝らし、観客にショックを与え・魅了するスプラッター作品は、映画作りへの強い情熱と独創的なアイデアが求められるジャンルでもあります。

かつて低予算で作り上げた『死霊のはらわた』がスプラッター映画の元祖となり、今や大物監督となったサム・ライミ。彼のような若き才能が日本にも眠っているかもしれない……。そんな若手監督を発掘する、『学生残酷映画祭』が今年も11月21日にロフトプラスワンにて開催されました。

“学生が制作した人体損壊や流血などの残酷描写がある映像作品”を募り上映するこの映画祭では、映画に造詣の深いゲスト審査員を招き、作品を監督した学生らを前に質疑応答や講評をおこなって最終的にグランプリを決定します。優勝者はキングレコード『ホラー秘宝』レーベルより発売のDVDに収録される“ショートムービー監督権”を得ることができ、日本のホラーファン・カルト映画ファンに自身の作品をアピールできるのです。

今年のゲスト審査員は、『別冊映画秘宝』編集長・田野辺尚人さん、映画評論家・イラストレーターの三留まゆみさん、『へんげ』『劇場版 稲川怪談 かたりべ』を手がけた映画監督大畑創さん。その作品をより面白くするためのアドバイスが盛り込まれた講評には、映画の作り手でなくとも興味深く聞き入ってしまうポイントが多々あり、このイベントの見どころともなっています。

ホラー通信では、そんな『学生残酷映画祭』の今年の上映作品とその講評をレポート。応募作品20作が集まった今年は選考が荒れに荒れ「キレる人も出た」とのこと。そんな激しい審査の末に選ばれた6作品とはーー。

審査員

すべての画像が表示されない方はホラー通信をご覧ください。

上映作と審査員による講評

s-爆弾人間

一本目に上映されたのは、『爆弾人間』(監督:萩山祐毅)。映画製作に熱意を燃やす映画部部長が、撮影当日になっても現場にやって来ない部員たちにブチ切れ、ショットガンを手に部員たちひとりひとりに復讐していくバイオレンス・ストーリー。

作品のなかではポンポンとテンポよく復讐が進行していきますが、三留さんはストーリーの作りこみの甘さを指摘。「主人公に沸々と怒りが湧き上がっていくさまをもっと感じたかった。もっと練ろうとは思わなかった?」と監督に問うと、「本編と同じで、協力してくれる人がなかなか集まらず作り込めなかった」と告白。これにはかつて自分も自主映画を作っていた三留さんも、「だましてでも連れてきて映画に出しちゃう! それくらいやらないと!」と肩を押しました。

審査員の田野辺さんは、部員がショットガンで撃たれるシーンに対し、「ショットガンをあの距離で撃ったら内臓が出ます。それを是非次回作に活かして」と具体的なアドバイス。大畑さんが「主人公はどこでショットガンを手に入れたんだろう?」と監督に質問を飛ばし、監督が返答に詰まると、田野辺さんが「まあ、男だったら持ってるよね」とマッチョなフォローを入れ、会場をわかせる場面も。

s-PURSUIT (パースート)

二本目は『PURSUIT (パースート)』(監督:瓜本拓也) 。自作の殺人映像を配信する裏サイトにハマった女子大生の主人公とその友人が、その裏サイトの管理人により殺人映像の犠牲者にされてしまう残酷ホラー。陰惨で情感たっぷりのオープニングに唸らされます。

これには、大畑さんも「学生残酷映画祭でこんなクオリティのものが見られるのか!と思いました」と太鼓判。しかし、思い入れたっぷりに作られた残虐シーンと、おそらくそうではない通常の演技シーンによってクオリティの差がだいぶ異なる部分も指摘。更に、「殺人サイト自体のアイデアをもっと練るとよかった」とし、すばらしいアイデアのある殺人サイト映画の例として、アクセス数が増えると被害者が殺されてしまうというストーリーの『ブラックサイト』の名を挙げました。

田野辺さんは、「殺人鬼(殺人サイトの管理人)が徘徊し、サイトを見た人間を殺していく動機をあえて描かなかったところが怪談調で面白い」と、情報の少なさが良い方向に働いている点を高く評価。「ただ、飛び出す内臓が白かったですね。血の色や内臓の質感っていうのはスプラッターではすごく重要なところ。ほんのワンカットしか映らなくても、観る者はその違和感が引っかかってしまう」との指摘も。これはホラー映画好きもかなり共感する指摘ではないでしょうか?

s-ポップコーン

三本目は『ポップコーン』(監督:高瀬夢)。ホラー映画の製作に熱意を傾ける主人公は、学校で「ホラーなんて低俗なジャンルは映画じゃない」と否定されてしまいますが、誰かが感動してくれると信じ、自らの体を張ってひとり奮闘し作品を作り上げていきます。衝撃と笑撃の展開を迎え、会場に笑いを起こした作品です。

1 2 3次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy