ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「コンセプトもタイトルもパクリすぎ」とかつて講談社に抗議した峰なゆかさん 自身の『アラサーちゃん』にパクリ疑惑が?

峰なゆか

8月中旬、『アラサーちゃん』などの作品で知られる漫画家の峰なゆかさんが、講談社『ハツキス』で連載が開始された田所コウさんの『コトコトくどかれ飯』は自身の『女くどき飯』のパクリではないかと抗議した。

数人の漫画家さんも峰さんを擁護するツイートを行なうなどして話題になり、講談社は見解を発表していた。

『コトコトくどかれ飯』へのツイッター上でのお問い合わせに関する
 編集部の見解とお知らせ
http://kisscomic.com/hatsukiss/news/150821.html[リンク]

峰さんの抗議や漫画家さんの擁護の勢いが凄かったので、さぞかし似通った作品で『沈黙の艦隊』と『反逆のモビーディック』くらいは似てるのだろうかと思い『コトコトくどかれ飯』を読んでみた。個人的には「コレが『女くどき飯』のパクリ作品だという人は頭がおかしいんじゃないか」と思えるレベルで、実際峰さんも「作品のコンセプトとタイトル」を問題としていたようである。しかし、かなりの炎上案件となり田所さんは編集部に連載中止を申し入れるという事態に。

今回、峰なゆかさんの『アラサーちゃん』のネタがTSUKURUさんの『きょうのゲイバー』のネタのパクリではないかという指摘が『Twitter』でなされている。


きょうのゲイバーのアカウント(@kyonogayber)が、峰さん(@minenayuka)の8月の


漫画を描いているみんな〜! 聞いてくれ!!! 自分の描いた漫画をパクられるというのは、これは、思ってたよりすっごく辛いぞ!? びっくりするほど傷つくぞ!! 私はわりとさっきから涙目だぞ!!!!?

というツイートをリツイートし、次に他のユーザーの

最新号のSPA!のアラサーちゃんの最初のネタ、どっかで見たなぁどこだろうなぁって一晩考えてそうだきょうのゲイバーかおこげのはなしで見たんだ!ってなった。スッキリした

というツイートをリツイート。


リツィートしていたネタの件、私はかぶってるではなく、使われたように思います。ネタ自体はオリジナル性にかけ、かぶる事はあると思いますが言葉の選びと 並び方が3つ一緒で、作為を感じたからです。事実確認をしてから行動とるべきですが、出版社から音沙汰なく行動に出た次第です。

これはお金を頂いた原稿なので、私個人の問題でない。信用問題にかかわるので声を大にして言いたい。 数ある言葉の中から、それが重なって同じくだりでネタになっている事は偶然とは考えづらいのです。

とツイートしている。

一連のツイート等は『Togetter』にもまとめられているが、

参考:【丸パクか!?】峰なゆか氏の「アラサーちゃん」がTSUKURU氏の「きょうのゲイバー」丸パクか!? SPA!編集部は問い合わせ確認中
http://togetter.com/li/899967[リンク]

中でも

「もう一方の当事者(峰なゆか)が沈黙してるから,一見ものすごくかわいそうにも見えるけど,峰なゆかが過去にやってきたことを考えると決して同情はできないのだな。」
「本当に偶然被ったならそれはそれで「言いがかりで噛み付いてくる同業者」がどういうものかその対応がどれだけしんどいか身を持って思い知ることになるしあの時の自分が他人にはどう見えてたか省みればいいんじゃないですかね。」
「峰さんタイトル被ってるってだけで新人漫画家を連載辞退にまで追い込んだんだから、当然アラサーちゃんも連載中止するよねー。」
「タイトルが被っただけであんだけ大騒ぎしたんだし、今回謝罪からの「アラサーちゃん」打ち切りぐらいしないと整合性が取れないよね。」

といったコメントが支持を集めているようだ。

※画像は『Twitter』より引用

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。