ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ざまあみろ。アニメは元気だ! Anisong Crazy Power Night』柿崎俊道×上山晃インタビュー

ざまあみろ。アニメは元気 だ! Anisong Crazy Power Night

“アニソン”のチカラで世界を盛り上げるイベント『ざまあみろ。アニメは元気だ! Anisong Crazy Power Night(通称:アニクレ)』が明日6月22日(水)、渋谷のWOMBラウンジで開催される。DJがアニソンをまわし、VJがアニメをモチーフにした映像を映し出す、ロックバンドはアニソンをカバー、そしてさらにクレイジーなイベントも。世界各国のアニメファンの多い都市での開催を目指すという“アニクレ”、本格スタートとなる今回の開催を目前に控え、その仕掛け人である柿崎俊道氏と上山晃氏のお二人にお話をうかがった。

登場人物

柿崎俊道……かきざきしゅんどう。出版業、コンテンツツーリスト。
著書『聖地巡礼 アニメ・マンガ12ヶ所めぐり』『Works of ゲド戦記』『Kirari痛車コレクション』

上山晃……うえやまあきら。米国留学後、IT企業のデジタルガレージ、ソニー・ピクチャーズを経て、数社の音楽、映像製作会社を経て、現在に至る。

柿崎×上山

※写真左が柿崎俊道氏、右が上山晃氏

クラブとアニソンとの融合

記者:柿崎さんと初めてお会いした時に、このイベントの話をお聞きしたんです。そのお話がすごく壮大で夢があって、これは震災や原発事故などで沈んでいる日本を元気づけてくれるものになるのではないかと思ったんです。そこでこのような形でインタビューをさせていただくことになったのですが、お二人が仕掛ける『アニクレ』というのはどういったイベントなのか、読者の方に向けて簡単にご説明いただけますか。

柿崎:「クレイジー」をキーワードにしたアニソンのDJと歌手やロックバンドで構成されたイベントです。海外のアニメフェスの夜を『アニソンクレイジーパワーナイト』で盛り上げていきたいと思っています。国内では渋谷の『WOMB』でやります。

記者:どういった経緯でこのイベントやることになったのでしょうか。

柿崎:僕は海外のアニメフェスに参加したことがきっかけですね。昨年は『コードギアス 反逆のルルーシュ』などの原案・脚本を担当された大河内一楼さんと、台湾でトークショーを開催しました。その前は男性の声優さんふたりを北京に招いて、トークショーを開催しました。どちらもすごく盛り上がりました。熱狂的な海外ファンにとって日本からアニメ関係者が来ることは、それだけで大きな事件なんですよね。ただ、こういうことは日本と相手国のパートナーシップをしっかりと築かないと難しいし、そんなに頻繁に開催できる物ではありません。何をしたら海外ファンにグッときて、なおかつ連続して続けられるのかなと考えていたんです。

柿崎

上山:ぼくはクラブで遊んでいた人間ですから、クラブとアニソンをくっつけたいと思っていました。

柿崎:クラブ自体、ぼくは行ったことがなかったんですよ。でもアニソンDJが熱いことは情報として知っていました。でも、よく分からないからモエ・ジャパンの福嶋麻衣子さん(もふくちゃん)宛に公式HPからご相談の連絡したんです。そうしたら『MOGRA』 *1 の店長さんを紹介されました。

柿崎:『MOGRA』はアニソンDJがまわすイベントなどを数多くやっていますからね。『アニクレ』でまわしてもらうのも『MOGRA』で活躍しているDJたちです。その方々といっしょに『アニクレ』の基礎を作っています。

*1:『MOGRA』ウェブサイト
http://club-mogra.jp/

上山:海外の反応も知りたくて、2人で台北に行った時に、友人がやっているクラブでこのイベントの話をしてみたら、「ぜひやってくれ」と言われて。

上山:オーナーも昔の『週刊少年ジャンプ』で育っているような人なんで、「クラブのDJがアニメをミックスしてなんて信じられない!」って、「しかもそのアニソンかけてアニメを映す、そのスタイルが驚きだ」って、すごくいい反応してくれたんです。確かにそんなことやっているやつらは海外ではいないですからね。

柿崎:それで早くやっちゃおうということになったんです。

いきなり『WOMB』で開催

記者:いきなり渋谷の『WOMB』というのがすごいですね。

上山:海外だけでやっていこうと思っていたんですよ。『WOMB』に友だちがいて、こちらも「ぜひやってほしい」と、むこうから声をかけられたんです。

記者:『WOMB』でアニソンのイベントというのは意外な感じですが、ちょっと雰囲気が変わっていいですよね

上山:そこがいいんですよ。『WOMB』では今後も毎月第4水曜に開催していく予定です。

上山:もともとHIPHOPやブレイクビーツ、ハウスやテクノなんかのDJをやっていたDJたちがアニソンをそこに合わせていって、アニソンDJのスタイルができてきたんですけど、まだまだ発展途上なんです。アニソンから始めたDJなんて、まだ誰もいない。でも、木村コウさんっていうハウスDJの大御所やDJ MUROさんっていうHIPHOPの有名な方もアニソンをかけたりしていて、だんだんと盛り上がってきているのを感じています。

記者:海外で『アニクレ』をやる場合は日本と同じスタイルになるのでしょうか。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。