ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ニョロニョロのたね”入り?! ムーミンスタンドから『りんごのグロッギ』と『たっぷりコーンポタージュ』が新登場!

画像


童話『ムーミン』をモチーフにしたドリンクスタンド ムーミンスタンドから、11 月5日(木)から1月4日(月)の期間限定で、“ニョロニョロのたね”が入った冬のあったかドリンク『りんごのグロッギ』と『たっぷりコーンポタージュ』が登場! 今年から初登場となる2種類のドリンクの気になるお味と、不思議な食感“ニョロニョロのたね”をご紹介いたします。

いま!すぐ行けるムーミン谷『ムーミンスタンド』

フィンランドの童話『ムーミン』。愛らしくどこか憎めない魅力たっぷりのキャラクターたちと、優しく温かくもあり、ときに切ない物語は、世代を問わず、世界中で愛され続けています。物語の舞台となっているムーミン谷に、「行ってみたい」、「あったらいいなあ」と、思いを巡らせている方も多いのではないでしょうか。実は、そんな夢のような場所があるんです!

画像

筆者調べですが、日本各地には、ショップやカフェなど、現代のムーミン谷と思わしき場所をいくつか確認しています。そのなかの1つがこの『ムーミンスタンド』。見て下さい、ニョロニョロが両手を広げて、まるで「ようこそ!」と言ってくれているようです。

画像

画像

ムーミンが生まれたフィンランドを感じさせる、水色と白を基調とした店内。そして、壁には原作の挿絵が! ファンにはたまらない空間です。

新登場『りんごのグロッギ』と『たっぷりコーンポタージュ』を飲んでみた

画像

『りんごのグロッギ』416円(税別)
グロッギとは、クローブ・レーズン・シナモンなどのスパイスをベリージュースに漬け込んだ、北欧で親しまれている冬の定番ドリンクです。

画像


浮かんでいるのは、りんごの果肉。そして、カップの底には、ベリー味の“ニョロニョロのたね”が!
飲んでみたところ、甘酸っぱいベリー系のフルーティーなお味。後味は、優しいスパイスの風味が広がり、さっぱりとしています。スパイスもきつくないので、とても飲みやすい仕上がりです。ベリー味の“ニョロニョロのたね”も、グロッギとの相性ばっちり。また、スパイスには体を温める効果があるらしく、飲むたびに、体がぽかぽかしてきます。心まで温まる優しい味なので、モランにも飲ませてあげたくなるくらいです。

『たっぷりコーンポタージュ』416円(税別)
コーンポタージュと、ほろ苦いキャラメル味の“ニョロニョロのたね”の組み合わせ。一体、どんなお味かとても気になります。

画像


飲んでみると、口に広がるのは、濃厚なミルクとトウモロコシのほんのりとした甘さ。そこに、“ニョロニョロのたね”のキャラメル味が合わさって、トウモロコシの甘さをさらに引き出しています。コーンポタージュとはいえ、デザートとして美味しく頂ける一品です。

そもそも“ニョロニョロのたね”とは?!

画像


ムーミンスタンドの飲み物には、ムーミンに登場するあの白いキャラクター ニョロニョロの“たね”が入っています。ニョロニョロは、つやつやした白い小さなたねから生まれます。夏至の前日の夜にたねを蒔いて、月の光で育つのです。しかし、たねから生まれるといっても、植物というわけではありません。その生態は未だ謎に包まれています。

画像


ムーミンスタンドで使われているのは、そんな“ニョロニョロのたね”をムーミンママがベリー味とキャラメル味に美味しくアレンジしてくれたもの。さすが、ママ、ありがとう! 
“ニョロニョロのたね”は、ぷっくりしていて、もちもちした不思議な食感。大きめの粒で、噛めば噛むほど、味が広がります。とても美味しいのですが、ふと気付いたことがひとつ。
ママが美味しくアレンジしてくれたといっても、元は“ニョロニョロのたね”。こんなに美味しいのだから、夏至の前日にも“ニョロニョロのたね”入りで飲みたい! けれど、もし誤って、外で寝てしまい、月の光を浴びてしまったら、おなかからニョロニョロが!? なんて不安に思った方もいらっしゃるはず。……しかし、ご安心ください!

1 2次のページ
すえこの記事一覧をみる

記者:

絵本や児童文学をよく読みます。お昼寝が好きです。今まで書いたもの一覧:http://rensai.jp/author/sueco

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。