ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

独創的で美しい!折り鶴を365日インスラグラムで公開し続ける海外アーティストの作品

Japaaanでは折り紙アーティストの作品を数多く紹介してきました。海外でもOrigamiという言葉は利用されており、海外の折り紙アーティストの作品は日本人の感覚とはまた違ったテイストがあり、とても美しく、楽しめる作品が多いです。

折り紙の定番といえば折り鶴がそれにあたるかと思いますが、今回紹介する折り紙アーティストは365日毎日インスタグラムに折り鶴の作品を公開している、海外アーティストのCristian Marianciucさんです。

もちろんただの折り鶴ではありません。彼の折り鶴は紙とは違う異素材を組み合わせたり、羽根の部分に模様を描いたり、そして様々なカッティングを駆使したりして、独創的な折り鶴世界を築いています。

12142498_768328523313149_1816091080_n 12142309_1701283776771120_2098108541_n


例えば紙とビーズ、紙と毛糸。羽根にスターをあしらったり、羽根をいく中にも重ねたり。とにかくオリジナリティ溢れる世界観です。これを毎日公開し続けているからすごい。

12080538_1635349156732314_1309673230_n

様々な形の折り紙を折り続けるのではなく、折り鶴という一つの形を様々な姿に変えていく。ちょっと違った方向性のこだわりに感銘を受けます。

12107483_703831596427163_1428376977_n

インスタグラムでは現在も日々新しい作品が公開され続けていますので是非フォローして毎日の楽しみにしてみてください!

@icarus.mid.air – Instagram
Icarus.mid.air – Facebook

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

まさに和風ドローン!わずか31グラム、制御可能な空飛ぶ折り鶴「ORIZURU」が発表
折り鶴ピアス
これが本物の情熱だ!外国人アーティストによる色々な折り鶴アートが絶対的美しさ

Japaaanマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。