ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

生前には確執も ジョニー大倉の息子が矢沢バーに行ってみたら……

P1220114

昨年11月に惜しまれつつ亡くなったジョニー大倉さん。

REE

1970年代に“伝説のロックバンド”キャロルのギターボーカルとして一世風靡し、解散後は俳優としても活躍したが元メンバー、矢沢永吉さんとの度重なる確執にも伝説級のインパクトがあった。

二人の確執はファンにも大きな影響を与えており『2ちゃんねる』をはじめとしたインターネット上ではジョニー派、永ちゃん派がいがみ合い、ののしり合う光景が見られたものだ。

しかし、僕は先日、そんな状況に変化を感じさせられる奇跡的なシーンに遭遇した。

10月28日、僕はジョニー大倉の次男で俳優、歌手の大倉弘也と大阪ミナミで飲み歩いていた。

弘也にとっては初めての大阪の夜ということで大いに盛り上がり、帰りの便が迫ってはいたが、

「東京で知り合いに紹介されたお店があるんでもう一件行きましょう」

と、住所のメモを頼りに雑居ビルの3階に入っているその店を探し当てた。

そしてドアを開けて絶句した。

image

そこはテレビなどで幾度となく紹介されている大阪でも有名な矢沢バー……すなわち矢沢永吉ファンの熱烈なファンが集うスポットだったのだ。

V字カットでそのまんま”永ちゃん”なマスター、リーゼントで口をアヒルのようにとがらせた常連客たちが一斉に僕たちを見つめる。

その瞬間を振り返り大倉弘也は語る。

「殺されるかと思いましたよ……」

ところが意外も意外。

席に着き、弘也がジョニー大倉の息子であることを正直に告げると場の空気は一変した。

「僕も昔やってたキャロルのコピーバンドではジョニーさん役だったんですよ。息子さんにお会いできて光栄です」

とにこやかに握手を求めるマスター。

お客たちも「お父さん亡くなって残念です。」、「『チ・ン・ピ・ラ』(※ジョニー大倉出演の映画。1984年)大好きでした。」と次々に歩み寄ってくる。

しまいには弘也を囲んでキャロルカラオケ大会が始まる始末だ。

P1220143 P1220170


「父は確かに矢沢さんに複雑な感情を持っていましたが、だからと言って憎んだり嫌ったりしていたわけじゃないんです。
むしろ晩年の闘病中はキャロル時代を懐かしがって会いたがっていたくらいで……いろんなことがあったけれど、それを含めて友達だったんだと思います。
それがファンのみなさんの間にもようやく理解されはじめてきたのかな。
自分がまさか矢沢バーで歓迎されると思ってなかったから本当に嬉しかったです。」

帰りのタクシーの車内、そう話す弘也の瞳にはうっすら涙がにじんでいるように見えた。

ジョニー大倉と矢沢永吉……。

日本の音楽シーンに多大な影響を与えた二人の関係について、これまでさまざまな人や媒体が面白おかしく語ってきた。

しかし人間同士の”友情”について本人や家族以外の誰がとやかく言えるだろうか。

そんなことを考えさせられた秋の夜だった。

※画像の一部を『うたまろnoばぁー』から引用しました。

『うたまろnoばぁー』

〒542-0083
大阪市中央区東心斎橋2−4−8
ジュノン八幡ビル3F
http://www.utamarobar.jp/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 中将タカノリ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき