体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警告について(Go!Go!5)

1030

今回はhiroko0619さんのブログ『Go!Go!5』からご寄稿いただきました。
※この記事は2015年10月9日に書かれたものです。
※すべての画像が表示されない場合は、https://getnews.jp/archives/1222660をごらんください。

警告について(Go!Go!5)

私はこのたび化粧品や洋服のブランドであるフランスの企業「PAUL&JOE」さんに「警告」をいたしました。
PAUL&JOEさんが販売している今年の秋冬ものの商品に 
私の刺繍画像が使われていると思われるものがあります。
これは無断に行われたものであり また私は同社とコラボなども一切しておりません。

私自身はファッションブランドには明るくないのでお名前程度しか存じ上げなかったのですが
PAUL&JOEさんでは人気のアイテムとして猫のイラストをあしらったケースの
お化粧品やお洋服・雑貨なども作られています。
そちらの「PAUL&JOE SISTER」という可愛らし系のラインの この2015年秋冬物のなかに
「hirokoの刺繍と酷似したものがあると指摘されたが偶然の一致に驚いている」というメールを
7月初めに頂きました。
企業の社長の名前で英文、
ライセンスマネージャーを名乗る日本人の名前でその英文を日本語に訳したものがありました。
同じメールに「来年(SISTERが)10周年なのでコラボしましょうか」と言う事も書いてありました。

そして指摘のあった商品その他のカタログのファイルが添付されていました。
そこに載っていたもので 指摘されたというものはこれかな、と私が感じたものは
これ*1 と これ*2 

*1:「PAUL & JOE SISTER AUTUMN/WINTER 2015 | 19」 『PAUL & JOE』
http://www.paulandjoe.jp/lookbook/pjs-collection/19

*2:「PAUL & JOE SISTER AUTUMN/WINTER 2015 | 21」 『PAUL & JOE』
http://www.paulandjoe.jp/lookbook/pjs-collection/21

そのほかにネット上には画像が無いのですが同じモチーフつながりの靴下とタイツ、
ポーチとハンカチがありました。
ただカタログの画像はどれも小さく この刺繍のような部分がミシン刺繍なのか
あるいは刺繍風プリントなのかイラストのプリントなのかは はっきり分かりませんでした。

…皆さんが私の立場であればどのように感じるでしょう。
何か思う所があってもコラボするの光栄、ってありがたく受けたらよいかしら?
ちょっとは私も考えました。…しかし画像を見れば見るほど疑問は深くなります。

「偶然の一致」と言われて  私はつまりこの企業のデザイナーさんかどなたかが
「偶然同じ猫画像を見つけて それを元にイラストだか刺繍を製作し、
それを製品にミシン刺繍かプリントかしている」
そう言う事なのだと考えました。

ご存知の通り私の次男シャツはネットにあった知らない方の猫画像を見ながら
私が勝手に刺繍化したものです。
これと同じことをどなたかがした結果、酷似したものになったということだと解釈いたしました。

※次男シャツと同じもののご注文をたくさんいただきましたがすべてお断りしております。
(念のためこのものと猫画像の撮り主さんのこともGoogleやTinEye Reverse の画像検索を使って調べ
色々な方にメール差し上げたりして探したのですが 見つけることはできませんでした。)

*****

さて、問題の商品の刺繍部分(プリント?)は そのもとになった猫の画像より
どうも私の刺繍画像に より似ている気がしてならない・・・見れば見るほど私はそう感じました。
次男シャツは 初めてのねこ刺繍でしたので どう刺すべきか迷ってばかりで かなり試行錯誤しました。
色使いは濃い目になってしまい
そして全体・部分の形が結構元の猫とは違ってしまっています。
ハンカチのプリントはこれによく似ています。
同じものを見て別の人間が別の場所で刺した刺繍が、(描いたイラストが)
元の画像でなく お互いにすごく似た・・・というよりは
私の刺繍画像を見て 同じように刺繍したかイラスト化したもののように思えてなりませんでした。

その後数度PAUL&JOEさん側と画像についてのやり取りがあるのですが
私の「この商品の販売に問題は無い」という言葉を求められました。
私が「これは私の刺繍を模倣したものだと感じる。商品の販売には問題無いと言えない。
コラボはしません。」と正直に伝えると
最終的に
「画像の撮り主に商品化の許可をいただいてあります。
Once again, Sophie and you having the same universe (love of cats), it would be interesting that you will meet for an eventual collaboration.
This will only work if we would agree on the good principles and that you will confirm us that you agree with our usage of it.」
というお返事が。

・・・・・ハァ?(コラボしたいとか一度も言ってないぞ?侮辱という文字がよぎります。)
更に自分としては結局中国韓国の時と同じような目に合っているとの疑いを抱いているのに
「これは偶然ですとあなたの口で言え」と迫られているようなものだと感じました。コラボを人質に。
(え?繰り返しますがコラボ提案したこと無いですよ!?)
・・・私の英語翻訳能力がかけているのかもです、あちら様は全くそんな気なかったかもですが
怒りと悔しさで震えました。
なぜ私が問題ないと認めなければならないのでしょうか。
「法的にどうかなんて知らないし、ただの偶然だとしても 嫌なものは嫌だ」と感じることを
勝手にされるのと わざわざ認めてしまって堂々とされるのでは
後者の方がずっとずっと嫌じゃないですか。
これってただ単に私が頑ななだけ?

その時専門家の方から
「別にあなたが問題ないと認める必要はありませんよ。嫌ならお返事しなくても問題は無いです。」
という助け舟が。
なんだそうなのか・・・。あったりまえですが。
この時はこういう風に考えることもできないくらい悩んでいたのです。
それで精神衛生上しばらくこの問題から離れていると
今度はPAUL&JOE代理の日本人弁護士、という人からメールが来ました。
弁護士さんからメール来るとかびびります。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy