体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【必読】 美味しすぎる玄米の神レシピたち。苦手な人ほど試してみよう!

f:id:Meshi2_IB:20151009152605j:plain

玄米が嫌い

「健康に良いからって妻が言うんですけどね。ボカァ玄米が嫌いだなぁ!」

メシ通の担当編集者M氏がうつむき加減でこう言うんですね。

我々夫婦はハタとヒザを打って

「ソレは美味しい玄米とおかずの組み合わせを知らないからですヨ!」「まず体に良いとか考えずに抜群に美味しい組み合わせで食べましょう!」と二人でハモってしまいました。

「基本、人気の定食メニューのおかずは玄米に合わないんですよね。肉とかも合わないし」と我々。

「それじゃナニたべりゃ良いって言うんですかぁ!!」と、M氏にキレられてしまいましたが。

基本の準備から

まずは、

f:id:Meshi2_IB:20151009152606j:plain

圧力鍋で炊きましょう。

最近はお一人様用の小さいのも売ってます。最近の炊飯器は高性能なのが出ているみたいですが、どうでしょうか。まあ圧力鍋のほうが失敗がないとは思います。

いずれにせよ米粒が立っていてプリッとモッチリした炊きあがりがgoodです。グチャッとしてたりボソボソはNG。この辺は白米と同様ですね。

f:id:Meshi2_IB:20151009152607j:plain

出来ればおひつご飯にしましょう。これも白米と同様に玄米もおひつに入れたほうが旨いです。

余ったご飯を炊飯器で保温しっぱなしは不味くなること必至なので、余ったらラップに包んで冷蔵庫か冷凍庫にしまい、食べる時にレンチン。これも白米と同様のセオリーですね。

では、これで準備は整いました。

さあいってみよう!

その①白菜の漬物

f:id:Meshi2_IB:20151009152608j:plain

醤油をちょろっとつけて、

f:id:Meshi2_IB:20151009152609j:plain

玄米に巻いたりしても美味しい。

「おかずじゃないじゃん!」というご意見は無視致します。

玄米と合わせると白菜の漬物は主役に躍り出るのです。

その②納豆卵

f:id:Meshi2_IB:20151009152610j:plain

「レシピじゃないじゃん!」というご意見も無視致します。

納豆を100回以上丹念にかき混ぜてから、付属のタレか醤油を入れ、さらに生卵を割り入れてよくかき混ぜて、玄米ご飯にぶっかけていただきます。

f:id:Meshi2_IB:20151009152611j:plain

納豆をよくかき混ぜ、さらに生卵と一緒にかき混ぜてからかけるのがポイントです。(こういう段取りもレシピの内かと)

間違いのない美味しさです。

何故か納豆単独だと玄米にはあまり合いません。不思議ですが、たぶん卵の甘さが玄米と納豆を調和させるのだと思います。

その③とろろ

f:id:Meshi2_IB:20151009152612j:plain

とろろに醤油を適量入れて混ぜ、おもむろに玄米ご飯にかけ、ズルズルと食します。

とろろはどの種類のご飯に合うか順に言えば玄米>麦>白米でしょう。

単なる好みと独断です。

どれが一番かは別にして玄米ととろろが合うことは太鼓判を押しちゃいます。

とろろの甘さと玄米の香ばしさがたまりません。納豆を入れても良いです。

その④アジの開きの干物

f:id:Meshi2_IB:20151009152613j:plain
1 2 3 4 5次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。