体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エディターにも大人気! 愛媛をめいっぱい楽しむ1泊2日レポート 今治編

二日目 今治編

メイン2(1)

風のレストラン
朝ごはんも、愛媛らしさを感じられるものが食べたいという人は、サイクリングターミナル「サンライズ糸山」内にある「風のレストラン」へ。ここでは来島海峡大橋を眺めながら(空と海と巨大な橋は絶景!)特産品をふんだんに使用した食事が楽しめる。朝の洋食メニューでは愛媛の名物みかんたまごを使用したスクランブルエッグや、3種類のパン(紅麹 黒糖 ミルク)。和食メニューでは特産物であるひじきのほかに、味噌汁の味噌も地元のものを使用。お米は愛媛県産「ヒノヒカリ」。優しい味わいが嬉しい。ドリンクバーではもちろん地元特産のみかんジュースをチョイス。

IMG_6596 IMG_6599

「風のレストラン」
〒794-0001 愛媛県今治市砂場町2丁目8番1号サンライズ糸山
TEL・FAX 0898-41-3324
営業時間 AM7:00~PM9:30(オーダーストップPM9:00)
定休日 無休
http://www.kazeres.net

来島海峡展望館
朝食を食べたあとは、「風のレストラン」から歩いてすぐの来島海峡展望館へ。日本三大急潮の一つとして数えられる来島海峡が一望できる人気のスポットで、手前から美しい曲線を描きながら伸びた来島海峡大橋と、多島美が織りなす絶景は愛媛に来たなら必ず見ておきたい。日本中世に活躍した海賊・村上水軍の拠点であった島や、かつてロシアのバルチック艦隊に備えて要塞が築かれた島など、歴史的エピソードを見て味わえる場所でもある。

DSC_0291

「来島海峡展望館」
〒799-2111 愛媛県今治市小浦町2丁目5−2
TEL 0898-41-5002
営業時間 9:00〜18:00(但し12月〜2月17:00まで)
休業日 12月29日〜12月31日

サンライズ糸山~来島海峡大橋~道の駅「よしうみいきいき館」
仲間と「自分の足で」しまなみ海道からの景色を見てみたいという人には、爽快感溢れるレンタサイクルがおすすめ。レンタサイクル約500台を揃えるサイクリングターミナル「サンライズ糸山」で自転車を借り、観光客に最も人気なサイクリングロードを走る。橋の下を船が通ったり、ライトアップしている日があったりと、時間や日によって異なる景色が見ることができるのもポイントが高い。潮風を受けながら広く長い道を颯爽と走り、たまには自転車を止めて、絶景を目に焼き付けて。乗り捨てスポットも各所にあるので、事前にコースを組めば体力にあまり自信がないという人でも充分にサイクリングを楽しめる。
http://www.oideya.gr.jp/spot/area_imabari/view/itoyama.htm

IMG_6628 IMG_6659

来島海峡大橋のたもとに位置する道の駅「よしうみいきいき館」。ここは自転車の乗り捨てスポットでもある。そのほか、ご当地キャラのお土産を買ったり、海鮮バーベキューをすることもできる。

重点「道の駅」よしうみいきいき館
〒794-2114 愛媛県今治市吉海町名4520-2
TEL 0897-84-3710
営業時間 9:00~17:00
http://www.Imabari-shimanami.jp/ikiiki/

能島上陸&潮流クルーズ
かつて村上水軍が城塞化した島「能島」は、国の指定史跡。和田竜作『村上海賊の娘』の舞台となり、多くの観光客が訪れる人気スポットだ。今でこそ城はないものの、研究、調査により城が建っていた形跡を辿ることができるようになった。このガイド付きクルージングでは船で激しい潮流の上を走り、実際に能島に上陸できる。島には本丸や二之丸の跡地がしっかり存在。戦国時代の勇士たちが活躍した地で、その時代に思いを馳せてみるのも良い。

IMG_6690 IMG_6684 IMG_6702 IMG_6707

「よみがえる水軍ロマン 能島上陸&潮流クルーズ」
TEL 0898-35-4886 ((株)瀬戸内しまなみリーディング観光事業部)
http://www.enjoy-setouchi.jp/

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。