ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • バートン×デップコンビもそろそろ食傷気味? 最新作『ダーク・シャドウ』は前評判高め
  • 【独占記事】ウディ・アレン監督の新作に、ジュード・ロウ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスが出演
  • なぜ映画『オリエント急行殺人事件』は結末を知っていても楽しめるのか 監督兼ポアロ役のケネス・ブラナーに聞く
  • 【動画】スカーレット・ヨハンソン、映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のティーザーでマスクを取る
  • ニコ超にトリちゃん&麻里子様降臨! 『リアル鬼ごっこ』ヒット祈願に神社は騒然
  • 薄型テレビからよっこらしょ! ハリウッドリメイク最新作『ザ・リング/リバース』なんとも勇ましいポスター解禁[ホラー通信]
  • 岡村靖幸も大ファンを公言する映画界の鬼才ホドロフスキー 『スペース☆ダンディ』チームからのコメントも
  • 少しは仕事を選ぶべき!!環境省の『貞子ときっとク~ル計画』で「映画観ると節電になる」ってホント?
  • 不朽の名曲『君の瞳に恋してる』誕生の物語 イーストウッド監督最新作『ジャージー・ボーイズ』の日本オリジナル予告が公開
  • 「Q-pot.」デザイナー・ワカマツ タダアキ氏に聞く『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の魅力[オタ女]
  • “桐島”のリア充・非リアコンビ再び! 『日々ロック』で前野朋哉&落合モトキが衝撃のビジュアルに
  • ボンクラ男子が“スゴ腕CIA”に覚醒! 映画『エージェント・ウルトラ』みたいな事って本当にあり得るの?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 楽しい旅行がご愁傷さま展開に! シュールな人喰いホラー『フィンランド式残酷ショッピング・ツアー』2月8日公開
  • アメコミファンでなくとも楽しめる要素満載! マーベル最新映画はまるで宇宙版『ONE PIECE』!?
  • キアヌ・リーヴスが美女2人にフルボッコ! 本年度最強サイコスリラー『ノック・ノック』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エレコムדnendo”ケーブルが輪郭をふちどるデザインマウス『リンカク』発売

エレコム×nendo『rinkak』

エレコムは、ケーブルがマウスの輪郭を縁どるようなユニークなデザインマウス『rinkak(リンカク)』を6月下旬より発売します。同社では、よりデザイン性にこだわる製品の企画・開発を行うため、2011年5月よりデザインオフィスnendoとコラボレーションした周辺機器の発売を開始。今回発売する『rinkak』はその第2弾となる商品です。

エレコム×nendo『rinkak』

『rinkak』は、「物の外形を背景あるいは他の物から区別する境界線である“輪郭”』をデザインコンセプトにした3ボタン光学式マウス。白を基調としたマウス本体には、ケーブルと同色のラインが“輪郭”としてデザインされており、パソコンから伸びたケーブルが鉛筆の線のように、マウスの輪郭を描いているようにも見え、いつもはわずらわしいケーブルがデザインの主役になっているところがユニークです。

エレコム×nendo『rinkak』

ホイールもケーブルと同色で統一。マウス本体およびコネクタには、オリジナルのコラボレーションロゴを施すなど、すみずみまでこだわったデザインに仕上がっています、確実なクリック感を持つホイールを装備し、ウェブブラウザやアプリケーション上でスムーズなスクロール操作が可能です。対応OSはWindows XP(SP2~3)/Vista/7、Mac OS X(10.5~10.5.8、10.6~10.6.7)。カラーは、オレンジ、ブルー、レッド、グリーンの4色、サイズはW60×D100×H37mm、重さ約77g、価格はオープンです。
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。