体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超本格エスプレッソマシン! 『デロンギ マグニフィカ』を試してみた

IMG_6699-s

コーヒー中毒の人もそうでない人も、もし家に業務用コーヒーマシンがあれば、お店で飲むようなクリーミーなカプチーノを無限に飲めるのになあ…と思ったことが一度はあるはず。なんと今回、ガジェット通信編集部にその夢を実現する素敵マシンがやってきたので、ご紹介したいと思います!

『デロンギ マグニフィカ』

IMG_6701-s

今回、編集部にやってきたのはこのマシン。その名も『デロンギ マグニフィカ S カプチーノ』。オシャレ大国イタリアでデザインされたマシンだけあって、美しい曲線美と光沢を放つメタリックな本体が特徴のかっこいいコーヒーマシンです。
そして大きさですが、なんと幅23.8cm、奥行きも43cmと非常にコンパクトで、一般的なコーヒーメーカーと比べてもそこまで大きく感じません。

IMG_6700-s

(デロンギ公式サイトより)
コンパクトでスタイリッシュなデザイン性を兼ね備え、自動カプチーノ機能搭載の全自動エスプレッソマシン「マグニフィカ S カプチーノ」。
独自の新技術 ラテクレマ™システム搭載し、ミルク機能がさらに進化。パーフェクトな泡立ちミルクを実現しました。
ワンタッチで挽き立ての豆の香りを豊かに引き出すエスプレッソはもちろん、本格的なカプチーノやカフェラテが、ご自宅で簡単にお楽しみいただけます。
公式サイト:http://www.delonghi.co.jp/products/detail/id/11

IMG_6703-s

早速使ってみましょう。使い方は意外に簡単!
まずタンクに水を入れます。水タンクもかっこいいのでテンションが上がること間違いナシ!

IMG_6704-s

水タンクを本体に装填した図。そのコンパクトながらもメカメカしい側面に、ガジェット好きの血が騒ぎます。

各所に見られる機能美

IMG_6706-s

本体には合計3つのノズルが付いています。一番左側に付いているのが、お湯やスチームを出すノズル。そしてその他の2つがコーヒー抽出口で、同時に2杯のエスプレッソを作ることができます。もちろん、一つのカップに使っても大丈夫。完全にお店仕様ですね〜。

IMG_6708-s

本体下部にはカップ受けのトレイがあるのですが、コーヒーが滴っても垂直下に鋭角に設けられた水滴受けがこれに直撃!トレイ内に水が溜まってても撥ねることがありません。まさにこだわりのイタリアデザインです。

豆を投入!

IMG_6711-s

もちろん、豆を挽いてコーヒーを作るので豆を投入します。しかし、豆をただ入れれば良いというわけでもありません。豆の特徴、または飲み方によって豆を挽く粗さは大きく異なります。そこで、まず豆の粗さを調節しましょう。豆ホッパーにあるノブで、豆の粒度を調節できます。通常は目盛「5」で挽きましょう。

IMG_6717-s

ダイナミックに豆をザザザーッと投入!豆本来の芳醇で香ばしい香りが鼻孔に広がります。これも本格エスプレッソマシンならではの醍醐味です。

IMG_6697-s

ちなみに、今回使用した豆は「ムセッティ クレミッシモ」です。
また、豆の投入口とは別に「コーヒー粉」の投入口もあるので、もちろん粉コーヒーも楽しめます。普段自宅で楽しんでいるお気に入りの粉コーヒーも楽しめるという寸法です。

電源を入れます

IMG_6726-s
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。