体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全国のユニークな「具」を調査&にぎり倒した!『にっぽんのおにぎり』著者が語る、おにぎりの魅力とは?

f:id:Meshi2_Writer:20150908145708j:plain

あなたの好きな「おにぎり」って、なんですか?

シャケ、ツナマヨ、おかか……パッと浮かぶ具も人それぞれですよね。私はやっぱりシャケ、明太子、渋いところだと「葉わさび」が好きなんですよねえ。コンビニにあるとつい買っちゃう。海苔は最初から付いてあるのを買う派です。友人は「絶対イヤだ。のりはパリパリじゃなきゃいかん!」と怒るんですけどね。

さて、なぜのっけからおにぎり話かというと、『にっぽんのおにぎり』(理論社)という本を読んだのがきっかけ。「写真絵本 おにぎり風土記」と帯には記されていて、都道府県47個のおにぎりが各1ページずつ、どーんと紹介されています。

f:id:Meshi2_Writer:20150912093901j:plain f:id:Meshi2_Writer:20150912094639j:plain

いやーーーーーーーおにぎりって、奥深い!

地域によって、こんなにもバリエーションがあるものなんだなあ。驚きました。『メシ通』のネタとして、著者の白央篤司さんに日本のおにぎりの魅力や面白さを教えてもらおう、ってな企画なわけです今回は。ちなみに白央さん、『メシ通』でもたびたび素敵なお店を紹介してくれているフードライターさんでもあります。

f:id:Meshi2_IB:20151009160040j:plain

話す人:
白央篤司(はくおうあつし)

早稲田大学卒業後、編集者を経てフリーに。食記事の執筆とプロデュースを手掛ける。郷土料理と居酒屋がメインテーマ。現在、月刊誌『栄養と料理』、オムロンのカルチャーサイト『リズム』などで連載中。2015年6月に出版した『にっぽんのおにぎり』が初の著書となる。

白央さん、こんなゆるいノリですみませんが、おにぎりのこと、教えてくださーい! 

各県の名物や郷土料理を「にぎって」みよう

白央さん、おにぎりといっても様々なんですね! シャケやおかかといった一般的なものしかイメージなかったので、読んでいてとても新鮮でした。

ありがとうございます。ただ、この本は全国各地で食べられているおにぎりをそのまま紹介した本じゃないんです。郷土料理のおにぎりもいくつか入っていますが、基本的にはその土地で長年つくられてきたものや、郷土をあらわす食材でおにぎりをつくってみよう……という意図なんです。「各県をにぎってみよう」というか。

ああ、なるほど! 私は福島県出身なんですが、「いかにんじんのおにぎり」なんてあるのかー……って驚いたんです。 あれは、福島の郷土料理をモチーフにしてつくったオリジナルおにぎりだったんですね。 

そうです。するめいかとニンジンでつくられる福島の郷土料理、これを細かく刻んでおにぎりにしてもおいしいだろうな、と思って。そんなアレンジおにぎりも多いんですよ。ただ、たとえば岩手。この県の具は「すじこ」にしました。すじこは岩手だけでなく東北全般でおにぎりの具として定番です。でも東京や関西の人はほとんど食べない。私は仙台で育ったんですが、東京では売ってもないことが多くて、本当にビックリしました。そういう食の地域差みたいなものを、おにぎりを通して描いてみたいという狙いはありました。

f:id:Meshi2_Writer:20150912094055j:plain

1 2次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。