ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 【今週公開のコワイ映画】2016/6/17号:『貞子vs伽倻子』『クリーピー 偽りの隣人』『10 クローバーフィールド・レーン』[ホラー通信]
  • ダニエル・ラドクリフ、『ハリー・ポッター』スピンオフ作品のエディ・レッドメインの衣装に嫉妬
  • 【特選映画レビュー】『淵に立つ』:日常への懐疑、観客は崖っぷちに置き去りにされる
  • 【ヤバイ】辛さ200倍超の超激辛スープカレーにBiSのメンバーが挑戦! 注目映画『NERVE/ナーヴ』さながらの無理難題をクリアせよ!
  • 米ディズニー、往年のアニメ映画『ピーター・パン』の実写版映画製作へ
  • 【海外の反応】ハリウッド版スーパー戦隊『パワーレンジャー』予告編にかつてのキッズたちが興奮
  • ジョニー・デップ、最新作も安定の白塗り! “パイレーツ3部作”黄金コンビによる新作『ローン・レンジャー』
  • ヒューマニズムの巨匠が戦時中に作った反日映画 『汝の敵 日本を知れ』
  • 『新宿スワン』綾野剛&伊勢谷友介インタビュー「表情・仕草を漫画から学んで体になじませた」
  • 「ハリポタ」スピンオフ映画にエディ・レッドメイン! 製作をはじめスタッフ陣はファン垂涎 
  • 『オオカミは嘘をつく』監督がハリウッドデビュー! ジョニー・トー『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』リメイク
  • 【今週公開のコワイ映画】2016/6/10号:『ノック・ノック』『ラザロ・エフェクト』[ホラー通信]
  • 今日は「いい夫婦の日」! 「思わず涙した“夫婦愛”を描いた映画ベスト3」第1位は?
  • イケメンキツネが「オレのこと好きだろ?」予想外の展開に“キュン死”女子が急増中[オタ女]
  • ヴィン・ディーゼル、テレビシリーズ『特捜刑事マイアミ・バイス』のリブート版を米NBCと進行中
  • 『エクスペンダブルズ3』監督&俳優が“肉フェス”大満喫! 「男らしくなりたいなら毎日肉を喰えプロテインを飲め」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

床から部屋が生えてくる!?わずか数分で模様替えできる建設システムが米国から登場

projectdom_1

引っ越しをせずに部屋の雰囲気を変えるなら、模様替えが一番。

見慣れた空間が一新されれば、気分もリフレッシュ。新たな活力がわいてくるというもの。

しかし、新しい配置図を考えたり、家具を動かしたりするには、相当な労力が必要。もっと手軽に実行する手段が欲しいと思うのは、当然のことだ。

そんな願いをかなえてくれるプロジェクトが、ニューヨークから登場。ロボット建設会社、asmidが開発した、数分で部屋の模様替えをするロボティックシステム「project dom(プロジェクトドム)」である。

・ロボットがレイヤーごとにアウトラインを形成

projectdom_2

「project dom」の面白さは、その空間構築の過程にある。

床下に組み込まれたシステムが作動し、任意の形状にモジュールを形成してゆく様は、さながら時とともに風景が移り変わる、タイムラプス映像のようだ。

システムは、光センサーとマーカーによって作動。タイルでできたモジュールが、誰の手も借りず、自らの力で自分自身を配向し、組み立てていく。

ロボットは同一のモジュラー要素を使用して、レイヤーごとにアウトラインを作成する。1つの層が組まれると、その輪郭が持ち上がり、次の層の形成が始まる。望み通りのオブジェクトが完成するまで、この作業を繰り返していくというわけだ。

・将来はビルの建設も!

projectdom_3

プロジェクトの作成とコマンドには、スマホを使う。専用アプリから置きたい家具を選び、ダウンロードすれば、数分後にはその形が、目の前に完成形となって現れる。

本システムの利点は、何と言っても、人の手をかけずに手軽に模様替えができるところ。

住宅のみならず、オフィスや店舗の空間設計にも、威力を発揮。イベントや会議など、ニーズに合わせた部屋造りが、数分で実現する。

asmidでは現在、システムを応用したビルの建設プロジェクトも研究中。わずか1時間足らずでビルが建つのも、そう遠い話ではないかもしれない。

project dom

Project Dom Apartment Reconfiguration from asmbld on Vimeo.

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。