体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Crossfaith『XENO』インタビュー

Crossfaith_0017-

2014年にイギリスを代表するラウドロック系の大型フェス、ダウンロード・フェスティバルのメインステージに立つなど、海外で目覚ましい活躍を見せている5人組バンド、Crossfaith。メタルコアとエレクトロを融合した先鋭的なバンドサウンドが世界的な注目を集めるなか、ギタリストのKazukiが脳内出血で戦線を一時離脱。バンド存続が危ぶまれる最大の危機を乗り越え、メジャー・デビュー・アルバム『XENO』がリリースされた。ケミカル・ブラザーズのVJを手掛けるJonny.TVの映像をフィーチャーしたZEPPツアーを終え、11月からのイギリス・ツアーを控えた彼らに、Crossfaithのこれまでとこれからについて話を訊いた。

――メジャーデビューアルバム『XENO』をリリースしたばかりのCrossfaithは、すでにそれ以前のインディーズの活動を通じて、ヨーロッパを中心に、海外でブレイクスルーを果たした特異なバンドです。バンド結成の時点から海外進出は念頭にあったんですか?

Koie「そうですね。まず、僕らが聴いてきた音楽、音楽をやるきっかけになった音楽は欧米のものだったので、自分たちが憧れているバンドと同じ舞台に立ちたいという思いが強くなっていったのはごくごく自然なことだったんです」

――しかし、そうはいっても、国内事情と勝手も違えば、ノウハウもない海外進出は並大抵のことではないですよね。

Koie「2006年のバンド結成から、ずっと国内で活動を続けていくなかで、僕らと同じように海外での活動を志す今のマネージャーと出会ったことが大きくて。そして、2012年にアイアン・メイデンやイギー・ポップを擁するイギリスのロウ・パワー・マネージメントという大きな会社からオファーが来て、彼らと契約したことで、海外進出をサポートしてもらえることになったんです。通常、日本のアーティストが海外でライヴをする時、日本の文化関連のイベントを軸に、3、4本ライヴをやって帰るという形態が多いと思うんですけど、彼らの場合は『やるからには、ヨーロッパのバンドと同じやり方でツアーやろうよ』と言ってきたし、それは僕らが望むやり方でもあったんですよ」

Hiro「だから、最初はキャパシティが200人、300人くらいのライヴを17日間連続でやったことを手始めに、日本での活動と同じく、一つ一つ積み上げていくように、この3年間、休みなく海外をツアーで回り続けたんです。そうこうするうちにリアクションが大きくなっていって、オーストラリアのサウンドウェーブ、イギリスのレディング&リーズ、そして、2014年には僕らが目標に掲げていたダウンロード・フェスティヴァルという大きいフェスのメイン・ステージ(2万人規模)に立つことが出来たんです」

Crossfaith_0059- Crossfaith_0042-

――自己分析をして、海外のマネージメントやオーディエンスからどういう部分が評価されていると思いますか?

Koie「僕らが海外のバンドに感じるように、海外の人たちも日本のバンドが新鮮に感じるということもあると思いますし、音楽的には、メタル、ハードコアに、エレクトロの要素を加えたサウンドが特殊だったんです。しかも、その加え方が他のバンドがやっていない斬新なやり方だったんですよ」

――海外において高く評価されているメタルコアとエレクトロの融合は、もともと、どういうアイデアから生まれたんでしょう?

Kazuki「もともと、ヒップホップとメタルを融合させたリンキン・パークのようなミクスチャーバンドが好きだったこともあって、その延長線上の発想だったというか。周りと同じことをやってもしょうがないし、僕らにしか出来ない音楽を意識して、メタルとエレクトロを融合させていったんです」

Koie「僕とKazukiとTeruはCrossfaithを組む前に3年くらいミクスチャーバンドをやっていたんですけど、その時からTeruはDJとして、スクラッチをしたり、サンプラーやシーケンサーを扱ってきたんですね。キーボードがいるバンドは世界に沢山いますけど、Teruの場合はいわゆるプレイヤーとは違うDJやトラックメイカーとして、ダンスミュージックを奏でられるところが他のバンドと大きく異なる部分だと思います。当時のイギリスには「メタル・ミーツ・レイヴ」と評されたエンター・シカリのようなバンドが出てきていたんですけど、彼らのサウンドはぶっ飛びすぎてて、自分たちの求めるサウンドとは違ったし、メタルコアとエレクトロを融合するにあたっては、参考となるバンドがいなくて。だから、最初は手探りで、ストリングスやキーボードを入れるところから始めて、自分たちなりの試行錯誤を経て、「Blue」という2009年の曲からCrossfaithらしい個性が発揮されるようになっていったんです」

Crossfaith_0112- Crossfaith_0036-

――そして、世世界進出を果たしたインディーズでの活動を受け、メジャー・デビュー・シングル「MADNESS」を昨年10月に発表した後、Kazukiさんが脳内出血の治療で活動休止するという大ピンチに見舞われました。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。