インディーゲームの祭典『BitSummit 2015』ブース総ざらいレポート:REDゾーン

access_time create folderゲーム
インディーゲームの祭典『BitSummit 2015』ブース総ざらいレポート:REDゾーン

7月11日から12日にかけて京都・みやこメッセで開催された『BitSummit 2015 Return of the Indies』。約80チームのインディーゲーム開発者が作品を披露したインディーゲームの祭典から、各ブースを可能な限り総ざらいで紹介していきます。まずはREDゾーンから。

イベント全体のレポートはこちら。各ゾーンのレポートへのリンクも、こちらに追加していきます。

“ビッグブラザー”のIndie MEGABOOTHを迎え国際色豊かに インディーゲームの祭典『BitSummit 2015』レポート
https://getnews.jp/archives/1058829

R1:FullPowerSideAttack.com

bitsummit3_red2

PC版はSteamに展開、コンシューマー機向けにもPS Vita、PS4と幅広く展開する『TorqueL (トルクル)』を出展。会場で配布していたチラシには、各プラットフォーム向けバージョンの販売元や仕様の違いなどを解説する資料が付属していました。

[Steam,Playism]TorqueL (Updated March, 9th)(YouTube)
https://youtu.be/xGNkjxCewYI

http://bitsummit.org/2015/?project=torquelトルクル&lang=ja[リンク]
http://fullpowersideattack.com/[リンク]

R2:TPM.CO SOFT WORKS

bitsummit3_red3 bitsummit3_red4

MSXの新作ゲームを制作し続けているTPM.CO SOFT WORKS。MSX BASICでプログラミングした新作『MATRIX CODE』を3.5インチフロッピーで販売していました。

http://bitsummit.org/2015/?project=matrix-code&lang=ja[リンク]
http://bitsummit.org/2015/?project=tarotica-voo-doo&lang=ja[リンク]
http://www.tpmcosoft.com/[リンク]

R3:Maruchu

bitsummit3_red5

『HSPプログラムコンテスト 2014』でPLAYISM賞を受賞したPC用のパズルゲーム『ウラロジQ』を出展。線が描かれたパネルをスライドさせて上下の線をつないでいくゲーム。2D切断アクション『バウンデッド!』も出展していました。

BOUNDEAD! – 1st trailer(YouTube)
https://youtu.be/l7AM5Zn5DSo

1 2 3 4 5 6 7次のページ
access_time create folderゲーム

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧