ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大阪のベンチャー・クローバーラボでは、広報部員が社内バーで「かえる汁」を作ってくれるらしい!?

大阪のベンチャー・クローバーラボでは、広報部員が社内バーで「かえる汁」を作ってくれるらしい!?

クローバーラボは、大阪市に本社を置くソーシャルゲームの開発と運営を行う会社。2009年7月に設立し、社員50人、平均年齢28歳という若い人材が集まり、App StoreやGoogle Playでゲームを配信している。

「社員がつくる、チームベンチャー」を企業理念に掲げ、50人の社員が仕切りのないワンフロアで、部署や職種の垣根を越えてアイデアを出し合っているという。会社の内情について広報の林奈奈さんにレポートしてもらった。
代表作「ゆるドラシル」はゆるいキャラの本格ゲーム

当社は、スマホ向けオリジナルゲームアプリの企画・開発・運営を事業の柱としています。代表作は北欧神話が舞台の「ゆるドラシル」というゲーム。神話の神や英雄たちがゆるくポップに描かれている点が特徴で、この4月でリリース1周年を迎えました。

戦争と死の神オーディンは「おでん」と書かれたタンクトップを着て、虫取り網を持っています。主神なのに「はたらきたくない」が口癖。雷神トールは「とおる」と書いた海パンをはき、マッチョで天然なキャラになっています。

キャラクターの会話にはツッコミやボケなど、大阪の会社ならではの漫才的なネタが満載。それでいて攻撃コマンドなどを選択して戦略的にゲームを進める必要があり、ゆるくない本格的RPGの作りになっていると自負しています。

ゲームのイラストやプログラミング、シナリオなどを社外に外注する会社が多い中、当社はすべての工程を自社で完結できるようにしています。「自分たちで良いと思ったものを細かいところまでスピーディに作りこめる」のがメリット。年齢や経験、職種にこだわらずアイデアを出しあってサービスの方針を決めています。

現在、年内リリースに向けて「WANDER CROWN-七つの大陸と忘れられた島国」というスマホ向けゲームアプリを開発中。キャラクターボイスに戸松遙さんや若本規夫さん、小山力也さんなど豪華声優陣を招き、ゲームシステム以外でもこだわっています。
「社内バー」にはビールサーバーを完備

クローバーラボでは、60歳の定年時に1000万円を支給する退職金制度を設けています。この制度は縁あって入社した人には長く勤めてもらいたいという考えに基づき、15人の従業員でウェブやアプリの下請けをしていた設立2年目から設けられているものです。

居心地の良い環境でいきいき働けるよう「フリードリンク制度」とし、書籍購入制度や親睦会・サークル活動補助制度のほか、会社に近くに引っ越した際の家賃などを補助する「ご近所手当」も設けています。どうしても眠いときに仮眠に使える「布団付の畳部屋」や、大型テレビに歴代ゲーム機を置いて皆が遊べる「休憩スペース」もあります。

特に自慢なのが、ビールサーバー完備の本格的な「社内バー」。代表の小山力也がマスターとなり、お酒や料理をふるまう「小山バー」というイベントも開催され、社長が社員一人ひとりと触れ合う機会をもつ機会になっています。

広報の私も、学生時代のバーテンダ経験を活かし、「かえる汁」というオリジナルのカクテルでお客様をもてなしています。レシピはメロンやグリーンバナナのリキュールにジンジャーエール、そこにオレンジまたはレモンを入れて混ぜるだけです。名前の由来は、当社マスコットの「クボちゃん」というカエルのキャラクターです。
「100人・100億・100年企業」に向け仲間を募集中

社員の平均年齢が約28歳と若く、ひとり暮らしの独身者も多いのですが、CCO(チーフ・クッキング・おじさん)と称する料理好きな男性社員たちが週に数回バーで料理をふるまっており、社員が一緒に夕食を取る風景が当たり前になっています。

プライベートで旅行や映画に出かけたり、社員の家族を招いてバーベキューを行ったりすることもある和気藹々とした環境です。社長室もデスク間の敷居もなく、全ての社員がワンフロアで働いているのでコミュニケーションも盛んです。

当社のミッションは「100人・100億・100年企業」。その仲間を探すのが大きな課題です。今後は社内バーを開放し、就職活動中の方や同じクリエイターの方々と触れ合えるイベントや勉強会などを開催していく予定です。是非、クローバーラボに「かえる汁」を飲みに来てください!

【プロフィール】クローバーラボ株式会社 広報・採用担当:林 奈奈1987年生まれ。京都府出身。米国の大学で2年過ごし製造業の国際営業を経験後、同社に2013年入社。経理を経て、広報と採用を担当。ベンチャー企業の魅力を日々PRする「なでしこ広報会」(主宰:栗田朋一・東京PRアカデミー代表)に参加している。

キャリコネの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy