ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

相手のメールの返信が遅いのは自分のせい? 読まれるために工夫すべきこと

相手のメールの返信が遅いのは自分のせい? 読まれるために工夫すべきこと

 話せばうまく伝えることができるのに、メールでは誤解を招いたり、うまく伝えられない。
 文章でのコミュニケーションが苦手という人は少なくないだろう。とはいえ、サラリーマンにとって、メールでのやりとりは避けて通れないものだ。それに、仕事に限らず、LINEやブログ、FacebookなどのSNSで、コメントのやりとりすることも多い。これがトラブルになることもある。
 文章で相手にうまく伝えるには、どのような点に気をつければいいのだろうか。

 本書『だから、読み手に伝わらない!』(山口拓朗/著、実務教育出版/刊)では、相手に誤解されない文章の書き方について、具体例を豊富に織り交ぜながら紹介していく。

■メールは件名で読まれるかどうかが決まる
 では、メールを書くときに、具体的に気をつけるべきことは何なのか。
 例えば、読む・読まないは件名で決まるということ。メール受信者が最初に確認するのが件名だ。件名を確認した瞬間に、そのメールを読むかどうかを判断する。「お世話になっております」などのあいさつだけの件名、「清水です」のように名前だけの件名は、相手にとって不親切になる。
 「○○工事(△月□日のお見積り)/株式会社●●・○○」というように、具体的に書いておけば、受信者に一発で「あの見積もりね」と認知してもらえるはずだ。件名は具体性がないと「読まれない」「返信が得られない」「不信を買う」などの事態を招き、結局は送り手自信が困ることになる。

■断りのメールははっきりとしたほうが誤解を招かない
 もうひとつ、断りのメールを書くときは、意思表示を明確にする必要があり、中途半端な意思表示では相手に誤解を招きかねない。「なるべく」「できる限り」「おそらく」「思います」「かもしれません」などの表現は、いずれも「100%不参加」の意味ではなく、参加に含みを持たせている。相手にしてみれば、これほど迷惑な回答はなく、何かしらの判断を求められたら、意思を明確にするのがマナーだ。

 メールを書くときの常識や書き方のコツ、テクニックはもちろん知っておくべきことだ。でも、まず理解しておかなければいけないのは、文章コミュニケーションで失敗が起きやすい最大の原因は「相手の不在」ということだと著者は指摘する。
 メールは、目の前に相手がいないので、表情や声色など、真意や感情を察するには、あまりにも情報が限られている。だから、つい自分にとって都合のいい伝え方をしたり、受け取り方をしたりしてしまうのだ。
 そうならないためにも、文章を書くときは、常に相手のことを考える必要がある。目の前に読み手が立っているイメージを大切にし、「読み手不在」の文章を書かないようにしなければいけない。

 仕事でもプライベートでも、文章を書く機会は多い。送信する前に、一度、読み返してみて、自分よがりの文章になってはいないだろうか。まずは読み手の立場に立つことを忘れないこと。その上で、文章のテクニックを活用できれば、おのずと、文章は読み手に正確に伝わるようになるはずだ。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
職場の先輩から「LINEの返信が遅い」と言われたときの対処法
あなたが「既読スルー」される4つの理由
スマホ依存に陥りやすいのはどうして?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。