ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの『ガンバの冒険』が3DCGアニメ化決定! Twitterでは「原作を読むきっかけになれば」「コレジャナイ」など声多数

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


1975年4月7日から同年9月29日までアニメ放送され、ネズミたちの絆と友情、そしてイタチの“ノロイ”の恐ろしさに誰もが戦慄した『ガンバの冒険』。なんと、3DCGアニメとなって映画化する事が決定し、メインヴィジュアル&特報映像が解禁となりました。

企画構想から15年、製作期間10年、総製作費20億にも及ぶ本プロジェクトの原作となったのは児 童小説の金字塔と謳われる「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」(斎藤惇夫著、岩波書店)。


1972年に刊行されて以来、小さなネズミたちが力を合せて巨大な敵に立ち向かう壮大な冒険物語はテレビアニメや 劇団四季によるミュージカル公演など様々なメディアで、多くの人に勇気と感動を与えてきました。

映像としては1991年に公開された『ガンバとカワウソの冒険』以来、実に24年ぶりに映画化。手掛けるのは『ALWAYS 三丁目の夕日』『STAND BY ME ドラえもん』など数多くのヒット作品を世に送り出 してきた映像製作会社・白組です。

6月13日(土)より劇場に掲出されるティザーポスターは、原作である「冒険者たち ガンバ と15ひきの仲間」(斎藤惇夫著、岩波書店)の表紙を飾っている藪内正幸氏のイラストを元にしたデザイン。構図はそのままに藪内氏のイラストと今回の映画で新たにデザインされたCGのキャラク ターたちをコラージュしているとのこと。

特報では、小さいけれど個性的なガンバとその仲間たちが、猫に追いかけられたり、鳥や馬車に乗った りと大変だけどワクワクに溢れた大冒険の様子が描かれています。最後のカットでは一同が険しい表情で 先を見つめており、冒険の先に待ち構えている強大な敵を思わせる終わり方になっています。

今回の3DCG映画化の発表を受け、Twitter上では、

・『ガンバ』が映画化!? 絶対観る!
・なんかスタイリッシュになってる!!
・これをきっかけにみんなも原作を読んで欲しい

と言った、驚きや期待の声と共に、

・私の知ってるガンバじゃない……。
・コレジャナイ感がすごい
・3DCGはいいけど、アニメ版に近づけて欲しかった

と、今回の映画化を不安に感じるガンバファンたちも。それでか『ガンバの冒険』が愛されているという事なのかもしれません。また、主人公「ガンバ」の声と言えば野沢雅子さんですが、映画版の声優はまだ明らかになっておらず、声優発表の際にまた大きな話題となる事は間違い無いでしょう。

『GAMBA ガンバと仲間たち』プロジェクトには白組の他にも、世界のトップクリエイター が参加。エグゼクティブ・プロデューサーには『スパイダーマン』『アイアンマン』などの製作総指揮を務めたマーベル・スタジオズの創設者・アヴィ・アラッド。脚本にドラマ『相棒』シリーズ、『リーガル・ハイ』、映画『キサラギ』『探偵はBARにいる』『寄生獣』など話題作多数。 『ALWAYS 三丁目の夕日』(06 年)では第29回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞している、古沢良太が起用されています。

映画『GAMBA ガンバと仲間たち』は10月ロードショー。

あの仲間達が3Dアニメになって帰って来る! 映画『GAMBA ガンバと仲間達』特報
https://www.youtube.com/watch?v=kBsED4oYx18

「ガンバの冒険」Blu-ray BOX発売中
¥39,800+税
発売・販売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社
(C)斎藤惇夫/岩波書店・TMS

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP