ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

迷子犬をみんなで捜索!地域でペットを守るアプリ「FINDOG」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

子どもの数より、ペットの方が多いと言われる昨今。現在、日本における犬猫の飼育頭数は、推計2061万頭(※1)。

その一方で、自治体の保健所や、動物愛護センターなどに引き取られる犬猫の数は、年間17万6千頭(※2)だ。

うち迷子や所有者不明は、年間13万9千頭にものぼり、12万8千頭(※2)がやむを得ず、命を失っているという。

こうした問題を、少しでも解決するために生まれたのが、迷子犬発見アプリ「FINDOG」(ファインドッグ)だ。

半径6kmのアプリ保有者に、迷子犬を知らせる、地域コミュニケーションタイプの捜索アプリケーションである。

・設定範囲内にいる人同士でリアルタイムに情報交換

SNS感覚で、簡単に使える「FINDOG」。起動するとトップ画面が現れ、半径6km以内に投稿された迷子情報を、50件まで表示する。

迷子を見つけた人が、その犬の特徴や状況、場所を投稿すれば、範囲内にいるアプリ保有者に情報を伝える仕組みだ。

迷子犬の情報提供や捜索活動は、テキスト、写真、地図を使って、みんなで共有できる。アプリを持っていない人は、SNSとメールで、情報をシェアすることが可能だ。

・アプリを通して命を守る社会貢献の新しい形

捜索範囲を半径6kmに定めたのは、それが「助けられる距離」だから。

1人の「助けて」のサインを、助けられる距離にいて、なおかつ助ける意志のある人に、リアルタイムに届けるためだ、と開発元は言う。

地域に存在するペット仲間たちの、「優しい気持ち」をアプリでつなぐことで、迷子犬発見に役立てたいのだそうだ。

犬を飼っていなくても、参加できるのが、このアプリのいいところ。小さな命を守るために、ダウンロード数が増えることを祈る。

参考資料:
※1 一般社団法人ペットフード協会調べ/平成25 年度
※2 環境省「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」/平成25年度

FINDOG

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP