ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

浮世絵界の最大派閥!歌川派の絵師をまとめた系図がスゴい。どれだけ絵師を知ってる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


歌川豊春を祖とする浮世絵界の最大派閥である歌川派。

歌川広重、歌川豊国、歌川国政、歌川国芳…。歌川派の有名絵師は例を挙げたらきりがありません。歌川派は豊春の門人であった豊国と豊広から大きく広がっていきました。

そんな歌川派の絵師をまとめた系図が公開されていたので紹介します。今でも有名な絵師なら数名はわかりましたが大半の絵師は聞いたことも見たこともありませんでした。

この系図は昭和十六年に発刊された「浮世絵師歌川列伝」という書籍の系図になります。浮世絵師歌川列伝は著作権の保護期間満了につきGoogleブックスで全文公開されています。各絵師の没年を調べてみましたが、豊春が活躍した江戸中期から昭和初期あたりまで歌川派は続いていたようですね。

それでは歌川派の系図をどうぞ。何人の浮世絵師を知っていましたか?

クリックで拡大
浮世絵師歌川列伝より

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

江戸の粋な花火!浮世絵に書かれた花火まとめ
合戦や戦争に注目した浮世絵展「浮世絵の戦争画」開催!歌川国芳や月岡芳年の作品も
猫や人が入り乱れる!浮世絵の寄せ絵(だまし絵)まとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP