ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カリカリ梅がポップコーンに! 映画館限定フレーバーがポプってる

DATE:
  • ガジェット通信を≫


左:シネマイクパッケージ、右:ムラオカの梅しばイメージ
袋入りポップコーン「マイクポップコーン」の映画館専用ブランド「シネマイク」が、コラボフレーバー「シネマイク ムラオカの梅しば味」を全国のTOHOシネマズ63劇場にて、6月12日(金)より販売する。価格は360円(税込)。

同商品は、カリカリ梅のロングセラー商品「ムラオカの梅しば」とのコラボレーションによって実現。梅の爽やかな酸味をポップコーンで再現し、ふんわりサクサクした食感と、さっぱりとした梅の味わいが楽しめるようだ。

定番のカリカリ梅が進化した!

「シネマイク」は、日本初の袋入りポップコーンを発売した老舗ポップコーンブランド「マイクポップコーン」と、全国に複合映画館を展開するTOHOシネマズによる共同プロジェクト。

映画館で食べるできたてのポップコーンのおいしさや、映画館でポップコーンを食べる文化をより広めることを目的として2014年8月より開始され、これまでも定番のラインナップから、企業とのコラボ商品に至るまで、さまざまなフレーバーのポップコーンを販売している。

フレーバーの種類は定期的に切り替えられ、現在は「北海道バターしょうゆ味」「かねふく明太子マヨネーズ味」「キャラメルコーヒー味」が定番として販売。

そして今回は、「カリカリ梅」としてレジャーやおやつ、お酒のお供としても馴染みのある定番商品「ムラオカの梅しば」が、期間限定フレーバーとして仲間入りを果たす。

これまでにはなかった斬新な味付けのポップコーンとなっているが、最近のポップコーンブームに新風を吹かせるような存在となるかもしれない。

引用元

カリカリ梅がポップコーンに! 映画館限定フレーバーがポプってる

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP