体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

すっきり暮らしのミニマリストとは? 『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』著者インタビュー

写真 2015-03-02 8 35 07

片づけられない部屋やモノに悩まされたことはありませんか? そんな片づけ下手な人必見、書籍『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』が2015年6月12日に発売。こちらの書籍では、捨てる方法の最終リストやモノを持たない“ミニマリスト”はみんな痩せている、など、興味深い片づけ話が満載。

今回、その著者、汚部屋から一転、断捨離し、持ちモノを自分に必要な最小限に減らす“ミニマリスト”として活動している『佐々木典士(ささき・ふみお)』さんに編集部スタッフがお話を伺ってみました。

衝撃の汚部屋から一転! すっきり暮らしの“ミニマリスト”

ーーー片づけることや、“ミニマリスト”になったきっかけを教えてください。

佐々木:一番汚かったのが2008年頃で、急に変化したわけではなく、2年ぐらいかけて汚部屋から片付いた部屋へ変化。断捨離やこんまりさんの本に影響を受けて、じわじわ、ときめきながら捨ててたんだと思います(笑)。

片付いた部屋になってから、“ミニマリスト”ということばに出会う

写真 2015-03-11 9 32 03

佐々木:“ミニマリスト”ということばに出会ってから、さらに“ミニマリスト”になりました。クロアチアの島へ撮影に行ったときに、雨が降っていて、ホテルの部屋に閉じこもっていたことがあるんです。ホテルの部屋には本当に何もないので、一緒にいた人がその時のことをミニマリストみたいだな、と思ったらしくウェブサイトでそのときの気持ちを書いていました。

その時に出会った“ミニマリスト”ということばを検索して「アンドリューハイド氏の15個のモノ」をネットでみかけて、基本的に家を持たず、自由にでかけていて、素敵だな、と思いました。スティーブ・ジョブズが若い頃、何もない部屋で座禅を組んでいる写真にも影響を受けました。

写真 2015-02-25 14 22 19

(ご自身の以前の汚部屋について)この部屋みてください。とにかく不自由そうですよね(笑)。なんかあったらどうしようもない。10年くらい引っ越しできずにいましたもん。

本を捨てたら本を読むように!?

ーーー出版社さんにお勤めされていて、自宅に本がさっぱりなくなってしまって大丈夫だったのでしょうか?

佐々木:本をなくして逆に本を読むようになりました。あの本持ってるし、あの本もまだ読んでないし。みたいな感じだと、逆に読まなくなったり。

前までは、本をバーッと買い溜めして読んでいたのですが、今は読み終わってから、次の本を買うようにしているので、逆に本を読む機会がすごく増えました。テレビもないので、本に気持ちが向かいますね。家に1冊しかないとなると、目の前にある1冊をしっかり読むようになりました。

こだわりの42型プラズマテレビも処分

IMG_1460
1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。