ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タカラトミー、「しゃべってコンシェル」の会話機能を備えたロボット玩具「OHaNAS」を10月1日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タカラトミーがスマートフォン・タブレットと通信してユーザーと自然な形で会話できるロボット玩具「OHaNAS(オハナス)」を 10 月 1 日に発売すると発表しました。価格は 19,800 円 + 税です。OHaNASは、NTT ドコモの「しゃべってコンシェル」をベースにした会話機能を備えたクラウド型おはなしロボットです。目覚まし時計のようなデザインの本体には、Bluetooth モジュールやスピーカー、マイクなどを内蔵しており、会話するような感じで話しかけると、ロボットが時刻や天気、ニュース、ネット上の情報を調べて伝えるほか、「しりとり」や「クイズ」といったゲームの相手にもなってくれます。スマートフォン(Android 4.2 以上 / iOS 8.3 以上)向けにはアプリが提供されるので、それをインストールすると機能を利用できるようになります。しゃべってコンシェルのユーザーにとっては話し相手がスマートフォンからロボットに変わったと思えばイメージしやすいかも。OHaNAS は単 2 電池 3 本で動作するので持ち運びも容易です。パッケージには AC アダプタも付属しており常時給電することも可能となっています。Source : タカラトミー(製品情報)


(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、新サービス「データシェア」を6月10日より正式提供
Windows PhoneデザインのXperiaテーマ「Windows Theme for 5.x」がリリース
Xiaomi、6月10日に北京でメディアイベントを開催

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP