ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

画像やウェブに付箋でコメント!ビジュアルでコミュニケーションできる「AUN」が便利

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クリエイティブワークのやりとりで、日頃ネックとなるのが、添付する画像やサイトURLと別に、文章または口頭での説明が必要なこと。

受け手によって理解が異なるため、的確な意思伝達ができず、ときに、大きなタイムロスが出てしまうこともある。

こんなとき便利なのが、「AUN(あうん)」というツール。サイトや画像といったビジュアルに、 付箋を貼るように自由にメモを入力し、保存ができるというもの。

操作もシンプルなので、パソコンが苦手な人でも、十分使いこなせる。

・ドラッグアンドドロップ、コピペのカンタン操作

利用の仕方は、いたってカンタン。まず、ウェブサイトのURLを入力して、使う方法。

意思伝達の対象となるサイトのURLを入力するだけで、対象サイトを画像化し、この画像に対してコメントを書き込めるようになる。

画像のアップロードも同様。対象ファイルをドラッグアンドドロップするだけ。そこに、コメントを書くだけだ。

パソコンの画面を、そのままコピーする機能もあり。「プリントスクリーン」キーを押せば、表示がそのまま保存されるので、そこから画像を「AUN」に貼りつけて利用する。

いずれもコメントを入力して保存すると、個別URLが発行され、伝達相手と共有できる仕組みだ。

・料金無料、登録不要!その場ですぐ利用できる

保存した内容は、インターネット環境がある相手となら、誰とでも共有可。

視覚的に指示内容を確認できるので、制作の受け手も理解しやすく、やり取りの時間を減らせるというメリットもある。

ファイル容量オーバーで、メール送信できないといった心配も、もちろんない。

クリエイティブワークに、大きく貢献しそうな本ツール。利用は無料で、登録も不要。興味のある人は、早速、試してみてはいかがだろうか。

AUN(あうん)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP