ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

将棋の王将を「王」と「玉」に変えたのは、あの武将だった!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

秀吉
現在、将棋の王将は、たいていの場合「王」と「玉」に分かれているが、昔は分かれていなかったそう。みなさんは、将棋の王将を「王」と「玉」に分けた人物をご存知だろうか?
2006年7月12日の琉球新報によると、その人物とは豊臣秀吉だそうだ!

同じ「玉」と「玉」で戦うのは面白くないからと、将棋の駒の一方を「王」にしたのは豊臣秀吉らしい。天下統一を果たした秀吉ならではの逸話だが、以後将棋は「玉将」「王将」に分かれて指すようになったという。

参考:2006.07.12「琉球新報」

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】結婚指輪をするようになったのって、いつから?
「動物園」という言葉を作ったのは?
きんぴらごぼうの「きんぴら」って、なに?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。